打ち合わせはじゃがいも植えから(笑)
日曜日、夕方。
僕は千葉県東金市にある「あいよ農場」にいた。

ここへは、あるイベント企画の打合せでSくんを訪れたのだが、開口一番「すみません、今じゃがいも植えてるんで、よかったら畑を手伝ってもらえませんか?」からはじまった(笑)

すぐ近くの畑に行くと、男女若者3名が農作業をしていた。
今は、ジャガイモを植えているそうだ。
貸してもらった白い長靴に履き替え、いざ畑へ。
とってもふかふかの土で、それだけでとっても気持ちがいい。
「インカの目覚め」、「きたあかり」、「男爵」、「シャドークィーン」など、7種のジャガイモの植え付けをしたのだが、それぞれどういう風に味が違うのか、早速味見してみたい衝動にかられる(笑)
b0069430_824790.jpg

教わりながら、溝へ種芋を等間隔に置いていった後に、土をかぶせていく。
そして、人生初の管理機デビュー。種芋を植えるための溝を作ったりする機械なのだが、何でも初めてってのは、ワクワクするもんだ。
予想以上に、力がいることがわかって、これをずっとやるのはかなり鍛えられるなって思ったけど、すっごく楽しかった。そして、いつか自分もこれを欲しいと思った(笑)
b0069430_8303147.jpg


ここ「あいよ農場」は、若者3人で運営されている完全無農薬・無化学肥料の有機野菜の農家だ。
野菜にこだわっている都内や千葉のレストランに卸したり、個人宅へ宅配している。
個人宅へは、その時、その時の畑で獲れた旬野菜を詰め込んで、おすすめレシピ・レターを添えてBOXで宅配。どんな野菜が届くかわからないから、待つ方もワクワクだ。

日が暮れた頃、畑作業を終え、Sくんと僕はイベントスペースの下見に向かった。
かなり大きなスペースで、隣には雰囲気のいい雑貨屋、バーもある。
今後、ここで熱い打合せ、企画がはじまることを想像すると、楽しみで仕方ない。

会場を後にしてからはスーパーへ立ち寄って、Sくんの自宅へ。


すごい。
6LDK、広大な庭付きで、家賃が月4万円って。
そんなの聞いたことない・・・(笑)

まもなくして、Sくん手作りの晩ご飯が食卓に並びはじめた。
そこにある米も、ほとんどの野菜も、Sくんの田んぼ・畑で取れた有機野菜たち。

b0069430_8245955.jpg

・セロリと人参の野菜スティック(前菜)
・玄米ごはん
・大根菜とえのきのいためもの
・ヤーコンとニンジンのきんぴら
・豆乳仕立ての豚肉と白菜のミルフィーユ鍋
・味噌汁

野菜も、米も、全てが本当に美味しかった。
Sくんの元気一杯のエネルギーがそのまま入った、うまいご飯に、野菜。
これを作ったS君、すごすぎて、とても25歳だなんて思えない。


食卓を囲みながら、男3人、いろんな話をした。
その中で、僕が知っていることもあれば、はじめて知ったこともある。
けど、どちらにせよ、僕らが抱えている問題であることには変わらず、自分たちの手で少しでもよい方向へ、明るい方向へ未来を創造していかなれればならないと思った。
それぞれ役割は違えど、そういう風に生きていくために、生まれてきたんだし。

例えば、こんな話をした。

スーパーやコンビニの余った食材をムダにしないために、それを豚の餌にすることがあるらしいのだが、そのエサを食べた豚は、体に異常をきたし、難産する確率が高まっているそうだ。「もったいない」と叫ばれ、余った食材をムダにしないという昨今の動きは評価できるが、農薬・添加物までが濃縮され、循環し続けていることが恐ろしい。

それから、最近増えてきているアトピーの話も。
最近、生まれてくる赤ちゃんがとっても高い確率で、アトピーを持っている。
これは、僕もよく聞く話。
S君は、若いお母さんたちに「お子さんはアトピーじゃないですか?」と声をかけると、本当に多くのお母さんたちが「実は・・・」と話しはじめるのだそう。

母体の中でたまった化学物質は、羊水を汚し、結果的に赤ちゃんに影響を与えてしまうのだ。

アトピーはステロイドなんかじゃ、決して治らない。
免疫の機能により、体内にある毒を外に出そう、出そうとする働きが、アトピーという形で体の表面に出てくるのだ。誰にでも発症する可能性は十分にあるのだが、より多くの毒(化学物質)を体内に蓄積させているか、もしくはデリケートな人がなりやすい。
ステロイドは、表面に出てきた毒を体の奥へ隠そう、隠そうと押し込めるだけのもので、決して、根本的に直す薬ではない。

皮肉なことに、これは医者自身が一番良く知っている。
ステロイドを使わなくても、アトピーは治る。
体の中にある毒を排出しきり、水を変えれば治る。以前、自分の知り合いの女の子で、アトピーのために、帽子を深くかぶり、なるべく肌を露出させないようにしている女の子がいた。彼女は20歳を過ぎた頃、突然アトピーになったのだ。20代後半まで彼女は悩み続けたのだが、結果的に、彼女はステロイドを断ち、生活を変えることによって、肌は綺麗になり、アトピーは今のところ落ち着いてる。

今の僕らの環境はアトピーをはじめ、花粉症など様々なアレルギーになりやすい環境になってしまっているが、食べ物をはじめとして、生活を改善することで、間違いなく治ると思っている。


この場では、ここまでの話はしなかったけど、アトピー、アレルギーに対する話も、深く共感できる内容で、本当に社会を変えていく必要があると思う。


それから、しばらくした頃、ニンジンジュースを飲ませてもらった。
ジュースといっても、ただ人参をジューサーにかけただけ。
砂糖もハチミツも、何もいれない。
シンプルだけに、素材の味をごまかすことなんか出来ない。
まさに真剣勝負。
b0069430_8252285.jpg

そのお味は・・・
ただ、ひとこと。


感動・・・。

とっても甘くて、すごく美味い。
独特の人参くささが全くない。
こんな美味いなんて思わなかった。

人参に包丁を入れたとき、それはまるで木のようにみしみしとなった。
とっても固い。
これが有機野菜の特徴だそうだ。

固いのは、細胞構造が密になっているためで、生のときは固いのだそう。ただ、一度火を通すと、密構造のため、熱伝導率が高く、すぐにやわらかくなる。同時に、密構造のため、そんなに煮崩れも起きにくいのだそう。

人参をしばらく放置しておいても、有機の人参は水分が抜けて小さく凝縮されていくのだが、市販の人参は、黒くなって、腐っていく。
つまり、含まれてる水分が酸化しちゃってるんだね。

野菜って、ほんと正直だなぁって思う。

そして、S君は言った。
有機野菜を一部のお金持ちだけの食べ物にしたくない。普通の家庭でも続けられる値段じゃないと意味ないから、出来るだけ、求めやすい価格で、美味しいものを作り続けていきたい、って。

僕も本当にその通りだと思うし、自然食料品で買う有機野菜は高すぎて、毎日買い続けることが難しい。だから、S君の仕事を僕は応援したいと思う。

4月4日、花見でS君の作った野菜たちでゴハンを作りたいなと思う。
[PR]
by shuxaku | 2009-02-26 01:54 | +++ Diary +++
<< あふれる人の熱いパワーを感じて イベント案内『スロービジネス見本市』 >>