あふれる人の熱いパワーを感じて
最近、中村天風さんの本を読んでいます。
彼は、こんな波乱万丈な人もなかなかいないんじゃないかって思うくらい壮絶な人生を歩んでいる。

彼は17歳で日露戦争のスパイとなり満州の野を駆け巡るが、30歳で結核を発病し、死の宣告を受ける。
その苦しみを取り除くために世界を放浪しながら、有名な医者や哲人を訪れるが、彼の悩みは解決にはいたらなかった。そんな時、エジプトで旅途中だったヨガの聖者に出会い、ヒマラヤの麓で修行をはじめる。

そこで彼はついに、感動の中で聖なる体験に到達する。
「宇宙には目的があり、その方向性と法則性の中に、人間は生きねばならいない」と。

そして、最終的には心身統一法を確立し、たくさんの人を幸せに生きるために生きた。
たくさんの弟子に囲まれて、昭和43年に亡くなった。享年92歳だった。

彼を師と崇めた人の中には、松下幸之助、稲盛和夫、永守重信といった世界を代表する経営者、その他、東郷平八郎、原敬、ロックフェラー3世、宇野千代、山本五十六 といった著名人が名を連ねる。

この著者に会うことは出来ないが、本を通して、その哲学を吟味して、自分の中に取り込んでいきたいと思う。

そして、それを幸せのエネルギーとして出していければと思う。




そう、著者といえば、最近あるイベントで、自分が影響を受けた本『君を幸せにする会社』の天野さんとお話する機会を頂いた。話をしたのは、2、3分だったが、その会話の中で自分にとって、確かな気付きを得た。
あとは、自分がどう考え、アウトプットしていくか、それがとても重要だ。



そして、今、自分がこんなにもいいパワーで仕事をして、幸せに生きることができ、周りの素敵な友人たち、同僚、家族、彼女には本当に感謝の気持ちでいっぱいになってます。

だから、今こそ、いや、これからもっともっと熱く動いて生きたいと、魂が叫んでる感じです。


今月、僕が尊敬する百姓、赤峰勝人さんの農業塾に行く予定です。
農業はもちろんだけど、赤峰さんの哲学を大いに感じてきたいと思います。


本当にありがとう。

どうしたらいいんだろう。

あふれる気持ちが抑えられません。


合言葉は、『Remove Mountains』【(山を動かすほどの)奇跡を起こせ!】
[PR]
by shuxaku | 2009-03-12 01:37 | +++ Diary +++
<< 『自ら機会を創り出し、機会によ... 打ち合わせはじゃがいも植えから(笑) >>