言霊
てんつくマンのメーリングリストに大切なことが書いてあったので、

忘れないように、いつでも見返せるように、

大切な人たちに伝えたくて、ここにもメモを。


脳研究の西田文郎先生によると、

「成功はワクワクする時にしか起こらない」

そう、成功するためには、脳をワクワクさせることが大事だそう。

そのための3つのポイント、言葉、動作、表情、これを意識するだけでも、日々が変わる。

確かにそうだよな~って思う。



「無理」
「むずかしい」
「怖い」
「分からない」
「めんどくさい」
「自分のことでせいいっぱい」

この言葉は、幸せじゃない人が共通で使う言葉たち。

てんつくマンが言っている通り、確かに、この言葉を使う人たちは、どこか楽しくなさそうな人が多いと思う。
(彼によると、病んでる人は、この言葉を多用するそう)

けど、上の言葉よりも、もっと言ってはいけない言葉、

つまり、脳を痛めつける言葉があるんだって。

口癖のように、その言葉を使うことによって、脳がダメージを受け、
結果、心や体もダメージを受けるそう。

つまり、その言葉を使えば使うほど、「鬱」になってく・・・。

だから、鬱に悩む人は絶対使っちゃいけない言葉。

逆に鬱になりたければ、毎日使えば、鬱になれる、怖いことば。


その言葉とは、


「疲れた」


あまりにも、普通すぎて、「え?」となると思う。

この言葉は脳にも、体にも、心にも、大きなダメージを与えてるそうだから、

自分も気をつけたいし、周りにも伝えていきたい。

「疲れた」の代わりに、「らくしょうー」とか「へっちゃら」といえる自分でいたい。

あと言っていたのは、プラスな表情。
自信ある表情、笑顔。

嬉しい事をイメージしたり、感謝したり、夢を描いたり、目標を持ったりで脳がワクワクするし、
そうやって、自分の中に、ワクワク発信基地を作っていようと思った。



一昨日、仕事が終ってから、練馬にある古民家シェアハウスに住むAちゃんのところへ行った。
そこへ行くのは、5回目くらい。

行くたびに、愉快な人たちに出会えるところ。

その日会ったのは、滋賀大津にある「土鍋カフェ 楽ちゃん」のやっちゃん。

そこで会ったとき、この人の声知ってる、見たことある!!って思って、しばらくして思い出した。
先月、高尾山であったイベント「縄文コーリング」にいた人だった。

そのイベントへは『自然のレッスン』著の北山さんが来ると聞いて行ったのだが、
彼のトークライブの最後の質疑応答で質問してた人だった(笑)

この日も、とてもいい話が聞けて、そこにいた8人でいい空間が生まれていた。
そこで『神道と日本人』に触れていたけど、そこでも日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力、つまり言霊の話があった。

そして、僕の地元、千葉が抱える問題も出てきたりして、
一緒に千葉印旛沼地域を盛り上げよう作戦を前々から話していたAちゃんと、次にイベントやるときにも、
おもしろいことができそう。

千葉に関係なくてもOK、ワクワク大作戦の仲間、大募集中です(笑)



<参考サイト>
西田文朗先生サイト

土鍋カフェ 楽ちゃん
[PR]
by shuxaku | 2009-07-04 12:44 | +++ Diary +++
<< 魅惑の楽器たち 打ち上げ会 >>