魅惑の楽器たち
世の中にはいろんな楽器がある。

その楽器を、一日で弾けるようになれたらと思う。

実家がピアノ教室だったから、小さい頃から音楽に囲まれた生活だったためだろうか。

ここ5年くらい、毎年毎年この楽器やりたいという楽器に出会う。

4年前は、ディジュリドゥ。

3年前は、ジャンベ。

2年前は、ハングとホーメイ。

1年前は、カリンバ。

今は、クリスタルボウル。

わりと、マイナーな楽器が多い(笑)


アウトドアで持ち運べることを考えると、カリンバが一番。

そういや、去年、式根島でカリンバで「大きなのっぽの古時計」を海辺でよく弾いてたな。
てか、それしか弾けなかった(笑)

さらに手軽さで言ったら、ホーメイは、自分自身が楽器だから、道具が必要ないんだけど、以前実家の風呂場で練習してたら、変人扱いされてしまったし、なかなか練習場所が難しい(笑)




二胡、ハング、ホーメイのコラボレーション、かっこよすぎる。




三人のハングプレイヤー。

夏の夜の海岸、焚き火の周りで楽器弾いて、踊りたい~。


今、習得したいクリスタルボウルは、8万年前のアトランティス時代にも使われていたといわれる楽器。

とあるサイト情報によると、クリスタルボウルから発せられる音(波動)は、私たちの耳で認識できる範囲をはるかに越え、建物の壁を突き抜けていき、その音は平原では、はるか 2000 キロメートルにまで達するそう。その音の波動の域は、人間が聞こえる範囲から聞こえない超音波にいたるまで達し、イルカははるか遠くにいても、この音を聞きわけ、近くまでやってくるそうです。

この音色を聞いた NASA の宇宙飛行士は、「これは宇宙空間で響き渡っている音だ」と、語ったそう。

また、リラクゼーション効果があり、過度な肉体的疲労や、過度な精神的ストレスによるものを解放するのに、大変適した道具。科学的にも、その音を聞き始めてから、わずか 30 秒で脳波がアルファ波からシーター波になることが確認されているようです。それは、アメリカ、北欧では、がんの治療に使われているほど。

精神的にものすごく苦しんでいる人、不眠で悩む人も改善されていくことが証明されているようです。

ただ、注意しないといけないのは、プレイヤーの心がそのまま超音波として音に流れるから、プレイヤーが未熟だと、気分が悪くなって逆効果にもなるそうで、本格的に勉強したいと思う今日この頃です。


[PR]
by shuxaku | 2009-07-06 23:49 | +++ Diary +++
<< 【新企画】世界の料理を学べるワ... 言霊 >>