山梨、茅ヶ岳で登山
山梨県、茅ヶ岳(1703m)に登ってきました。
1人で行く予定だったが、前日の夜に突然妹から連絡あって、一緒に行く事に。

登山口の駐車場に車をとめて、いざ登山開始。
途中までは、比較的ゆるやかで楽勝、楽勝と思ってたが、女岩を越えたあたりから、急登になり、しかも道がぬかるみですべる、すべる。
斜度もきついので、ずるずる滑り落ちていく中、手を使ってよじのぼる感じ。

急に息があがり、汗も噴出して、自分の体力の衰えが嫌になりました。
このあたりになると、休憩している登山者が増えてくるので、どんどん追い越していく。
時々、頑張れーと声をかけてもらうが、しんどい。(笑)

やっぱり定期的に登山しなきゃだめだなぁと思いながら、足を前へ前へと動かす。


少し歩くと登山道の傍らに石標が立っていて、「深田久弥終焉の地」と書いてあった。日本100名山を作った、日本を代表する登山家。
説明板によると、深田久弥は『昭和46年3月21日、親しい山仲間たちと茅が岳に向かった。
女岩を経て頂上まで十数分の稜線を歩いていたとき、突然脳出血で倒れた。仲間の「この辺りはイワカガミが咲いて、きれいです」との言葉に、すっかり喜び「そうですか」とうなずいたのが最後だったという。山の大先輩に黙祷。


登りはじめて、1時間45分後、頂上に到着。
地図に記載されている所要時間が2時間半だから、だいぶハイペースで進んできたようだ。

頂上からの見晴らしを期待してきたが、あいにくの曇り空。
時たま、槍ヶ岳や富士山が見える。

やっぱり頂上は気持ちがいい。
そこにいる、登山者皆が達成感を漂わせてるのが、いいなって思う。


写真をとったり、水をのんだり、休憩してから、下山開始。

下山後は、ちょっと車で走らせたところにある、カフェ「くじらぐも」に向かった。
場所はとてもわかりにくいところにあるにもかかわらず、駐車場はいっぱい。
人気あるカフェはすごいね。立地が関係ないんだもん。

料理が来るまでの間は、庭のヤギと遊んだり、ツリーハウスに登ったり、本読んだり・・・。
ゴハンは美味しかったが、お腹ペコペコの自分にはちょっと物足りなかった。

それから、温泉へ行って、疲れを癒した後は、帰途につきました。
渋滞30キロに巻き込まれて、家に帰るのに時間がかかってしまいましたが。
[PR]
by shuxaku | 2009-08-13 06:00 | +++ Outdoor +++
<< カメラをもっと。 Twitterはじめてみた。 >>