そういえば
ここはスローライフ提案のブログなのに最近のダイアリーは飲みの話ばっかり・・・。
『オーガニック』、『エコライフ』などが目当てで、もしくは検索サイトでヒットして、ここを訪れてくれてる人がいるとしたら、悪いな~~って思ってしまいます。

けど、日記を書こうとすると今日も飲んだなということくらいしか覚えてないんです。
下等生物並みの脳みそになってしまいます。いや、こういったら下等生物に対しても
失礼なくらい。

んで、今も・・・・飲み帰りです。
10月に北京行ったときに、一緒にいった友達(駐在員)が今週日本に帰国すると言うことで
送別会してきました。

今日はブラジル料理。66元(1000円弱)で食べ放題です。
自分で好きなおかずを取りに行くバイキング形式なんだけど、メインの肉だけは、
串にでっかい肉を刺したウェイターが、自分の皿の上で切り分けてくれるんです。
ただこのペースが早くて、1分に一人は肉を持ってくるというペースで、
みながつがつ、がつがつ食べて、気づいたらお腹がはちきれんばかりの満腹さ。
時間はといえば、入店してから30分もたってないのに、皆完全にフォークと
ナイフを皿に置いて、食べることを放棄してるくらいでした。


話変わりますけど、僕自身肉は普段あんまり食べなくて、嫌いじゃないけど、
別に食べなくていいやって感じなんです。上に書いたものと180℃矛盾してますけど・・・。
肉を食べる習慣というのは、寒冷期に食べるものがなくて、仕方なしに人間がそれを
狩猟して食べたというのが、始まりだそうで、ある地域の人はそれをそのまま引き続けて
いったみたいです。欧米では肉を食べるのが習慣になっていたけど、もともと人間の胃の構造は草食動物に近いものらしく、日本人は肉を食べる必要性はあまりないんじゃないかなと個人的にも思っています。
もともと自分の母親があまり肉が好きじゃなく、ステーキとかいかにも『にく』って感じのものは出なかったせいもあるのかもしれないけど、今でも魚の方がはるかに好き。
実家の冷蔵庫に食べ物を『陽』と『陰』に分けた紙みたいなのが張ってあって、最初はなんじゃこりゃみたいに思っていたけど、マクロビオテックの本読んだりし始めてそれがどういう
意味を持ってるかやっとわかり始めてきました。大学の頃一人ぐらししていて、基本的に自分でご飯を毎日作っているときも、ひき肉は買うけど、それ以外の肉というのはあんまり買う気がしなくて買ってなかったことを思い出したけど、自分の中にはすでにそういう食事が自然になっていたのかな。(というか、料理がパターン化してたからかも、笑)
まあ肉を使っている時点で、マクロビオテックとは違うんですけどね・・・。
たくさん肉を食べて満腹感は確かにあるんだけど、どちらかというと玄米、野菜、大豆製品
中心の食事の方が自分にはあっていると思う。何よりもご飯を食べた時の嬉しさが全然違う気がする。自分のココロとカラダは直結しているわけだし、いい仕事、いい遊びをするには、
お腹を満たす何かではなく、体が喜ぶような食事をしていきたいなって思う。
以上、酔っ払いのつぶやきでした・・・。(笑)

マクロビオテックって何??って方はどうぞ参考に
[PR]
by shuxaku | 2004-12-08 21:47 | +++ Diary +++
<< 自分が育った街 日本食。 >>