館山で釣りしてきた。
3ヶ月ぶりぐらいに、館山に海釣りへ行ってきました。

直前に、近所の釣り具屋で聞いたら、今年はカツオはほとんど終わって、サバもまだ回ってきていないとのこと。
例年なら、今頃は30cmオーバーのサバやソーダガツオがばんばん釣れていたのだが、やはり異常気象のせいでしょうか。

まあ、小さなイワシ、アジは釣れるとのことで気をとりなおして15時ごろ釣りを開始。

アミエビを撒くと、ものすごい数のイワシが集まってきて、あれよあれよとカゴのアミエビがなくなっていきます。

針が大きいのか、たまにイワシがかかる程度のものでしたが、隣のおじさんが、相方のRに仕掛けやら、釣り方を指導しはじめて、Rもどんどんイワシを釣り始めた。

僕はと言えば、いつも通り、大きな青物を狙う仕掛け(投げサビキ)と、シンプルな脈釣りの2刀流。

投げサビキの方はやはりサバ、カツオが来ることなく、間違って小さなイワシが大きな針にかかってくる程度。

脈釣りのほうは、クサフグ、ゴンズイ、ハオコゼなど毒魚の連発・・・(涙)
20cmオーバーのゴンズイは引きがそれなりに強いから、今度は何の魚だ?と期待するのだが、あのナマズのような顔が海面から見えるたんびにがっくし。
b0069430_19152131.jpg


脈釣りはあきらめて、投げサビキに専念。

ようやく空が赤くなり始めたころに、シュポーーンって勢いよくウキが沈み、今までにない大きな手ごたえ。

サバか?アジか?重たい引きを楽しんで、あがってきたのは、見たことのない30センチほどの魚。

隣のおじさんも、「なんだこれ?」(笑)

帰って調べてわかったのだが、それは「コノシロ」。あ~、言われてみれば、体の斑点模様が、寿司屋に出てくるやつだ~、と納得。

18時半過ぎに納竿して、江東区の我が家へ帰宅。

この日の釣果、イワシ(30匹以上)、アジ(1匹)、白ギス(2匹)、ハゼ(1匹)、コノシロ(1匹)を、刺身、天ぷら、竜田揚げ、香草揚げで、ビールと共に食しました。
b0069430_19154714.jpg

b0069430_1916082.jpg

b0069430_19161512.jpg

釣りたての新鮮な魚たち、やはりうまかったです。

これから11月までの間、青物がたくさん釣れるシーズンなので、今から楽しみ。
[PR]
by shuxaku | 2010-09-06 21:33 | +++ Outdoor +++
<< 『入籍サイクリング』 那珂川デビュー >>