人間の足
裸足が好き。
子供の時から、ずっと好きだった。
一番楽だし、ペタペタと地べたを歩く感覚がいい。
本当は外も裸足で歩きたいけど、ガラスの破片とか踏んだら嫌だからさすがに靴を履く。

そんな自分は夏、仕事がない時はほとんどビーチサンダルでうろちょろしてる。
大学の頃はほんとにビーサンを長い期間はいてて、覚えている限りでは5月から10月まで履いてた年もある。(場所が高知だったってのもあるだろうけど)
友達と2人で沖縄半分野宿の旅をしていた時も、ベトナムをしばらく旅したときも、日本国内チャリでの旅も、いつもビーサンはいてた。

自然体が好きだった。足だって呼吸してるんだからと思って。
足には体中のツボが集まっていて、裸足になることでそのツボが刺激され、体にもいいし。
だからずっとそうやって生活をしてきた。

けど最近、確か「人間の足」って冷やしちゃいけないんだよなって思い出した。
親が読んでた本でも下半身冷やしたらいけないって書いてあるし、このブログのライフログで紹介してる『自然のレッスン』にもそう書いてある。アウトドアの知識でも下半身は冷やさないようにっていうこと知ってた。下半身を冷やしてはいけないことは知ってたけど、実際部屋にいるときは裸足でフローリングの上のペタペタ。
        

そしてこれからのお話は、ちょっと別の次元の自分。
最近自分って冷え性なのかな?って思うことが多かった。
足マッサージに行っても足冷たいねって言われるし、部屋にいても寒いと感じることが多かった。部屋の中は暖房つければいいのかもしれないけど、唯一の暖房でもあるエアコンをつけると部屋が変な匂いになるし、空気だけ温まってて、自分は全然みたいな感じで好きじゃないからあまりつけない。
寒く感じる時はもちろん靴下を履いてたけど、それでもくるぶし下までの短いやつだった。

そんな自分が来週からの寒い場所への旅に備えて、防寒用のものをいろいろと買った。ウールの靴下、汗は出すけど暖気は逃さない靴下、そしてアウトドア用のアンダーウエア。
部屋で試しにそれをはいてみた。

ほんとうにびっくりした。

上半身はロングTシャツ一枚だけ、下はズボンとその下にもう一枚、高機能の靴下(ウールじゃない方)。座ったまま1時間でも全然寒くならない。
前は同じ気温で、ジャンバーを着ていたのに。

なんなんだ、この差は・・・・。

この時、やっと本で知ったことを思い出した。
下半身の防寒をきちんとするだけで、こんなにも違うなんて。

そのくらい知ってるよ~って思った人も多いと思うけど、
自分はこんな毎日の生活からちょっとずつ学んでる。
いくら自然体がいいと思っても、やっぱり寒い時期にはちゃんとそれなりの
格好をしないといけないなって思った。(←当たり前だけど、笑)
冬に裸でいるのは不自然だとしたら、冬の寒い部屋で裸足も不自然なのかなって。
(お寺の僧、剣道・柔道の人たちは冬でも裸足だったよなぁ、と思い出したけど)

人間の足、これからも頑張ってもらうためにも、
今はちょっとだけいい靴下はいてる。

また温かい季節がやって来たら、裸足で床ペタペタ生活はじめようと思う。
けど、それまではなるべく冷やさないように・・・。
[PR]
by shuxaku | 2004-12-15 01:55 | +++ Life +++
<< パイロゲンって何? ほよ~ん。 >>