休みの日。
だいぶ遅くなってしまいましたが、なんとか今回の断食日記は終了しました。
長い、長い文章、読んでくれてありがとうございます。

断食日記は終わったといっても、断食が終わった後の生活は続いてるわけで、断食で得たこと、変わったことは今も続けていますので、いろいろ性懲りもなく報告していきます。

先々週の休みはほとんど仕事のような感覚だったけど、
先週(今回)の週末はいろいろ出かけることが出来ました。

b0069430_22231090.jpg13日、日曜日は渋谷東急Bunkamuraでやっている写真展に。新聞広告でやっていて興味あったけど、忘れていて、偶然渋谷でその広告を見て、行ってきました。

写真が好きだからよく写真展というものに行くが、この写真展は今までの中でも、もっとも衝撃的で、心に残る写真展になりました。

『地球を生きる子どもたち』というテーマで、世界中の子供たちが置かれいる世界が、いろいろな視点、時系列(150年前の昔のものから現在に至るまで)で紹介されています。

戦後の物乞いであふれる日本の写真を見ていたら、この前行ったチベットにそっくり。
そんな世界が日本にあったことを教科書で習っては知っていたが、
それを忘れていた自分にもショックだった。

一枚の写真は世界を変えうる、そう思えたひととき。

いま、この写真展の作品を集めた写真集が手元にある。
ページをめくりながら改めて思う。
写真展にいたのは、あの『ひととき』でしかないが、
今も世界では解決していない問題が継続している。

今、自分にできるアクションを起こそう。
今の自分にできるあたらしいこと。
今週からはじめてみようと思う。
[PR]
by shuxaku | 2005-02-14 22:38 | +++ Diary +++
<< 何度も読み返したくなる本 断食最終日 (断食プログラム七日目) >>