徒然なるままに
ここ最近仕事が特に立て込んでいた。

日本に戻ってきてから初の大仕事。大金が動き、
海外取引の窓口となる自分の今回の仕事。
それなのに海外でアクシデント続きで、納期が大幅にずれた。
今回の件で海外の取引先では、何人か仕事をクビになる人らもいるくらいまでになった。
今日、日本のお客さまに渡さないといけない商品が、今日海外から発送するという。

電話、メール、電話、メールの連続で、その確認、事務的な作業と共に、自分がやるべき編集作業もあった。やるしかないという思いから気持ちが暗くなることはないが、どうしたらもっと状況がよくなるのか、どうやったらトラブルを回避できたのか・・・いろいろ思う。

最近新聞を見ても、ネットを見ても『ライブドア VS フジテレビ』の記事が多い。
ライブドアの社長H氏が「金で買えないものなんてない」と言い切るその人格的な部分は共感できるものではなかったが、やっぱりその手腕はたいしたものだと思う。
今なんて特に忙しい時期なんだろうけど、それでもほぼ毎日彼は自分のブログを更新している。もしかしたら記事を書いてるのは別の人なのかなって思ったりもするが、本人なんだろう。
あそこまでの徹底力は感心ものだ。

3月20日にBeGood Cafeのイベントがあって、前々から参加してみたいと思っていた。
テーマは『モルゲンランド「あしたの国」のまちづくり』。
今回こそはと思ったけど、その日は自分は高知にいる予定なんだと思い出した。


b0069430_9312275.jpg「いいこと」と「好きなこと」をつなぐ。
スロービジネスの可能性に関して、『スロー・イズ・ビューティフル』にそう書いてあった。
ブロードバンド化が進み、情報のスピード、量が増えるこの時代だからこそ、
スローなものを見直す、そういう時代が目の前にきているのかもしれない。

少し関係ないけど、この写真は3日前地元で撮った水田に残されたままの稲。
[PR]
by shuxaku | 2005-03-01 09:13 | +++ Diary +++
<< 東京アンダーグラウンド 加速するような日々の中で >>