そうやって夜は更けていく
この一週間は仕事の合間を縫いくぐって友達にもいろいろ会った。
彼らに共通しているのは、すべて「映像」。

木曜日、高知大学時代の同級生に会った。卒業した後、関東に来た人間は多くないから大学の同級生に会うのは久しぶりだった。彼はフジTV系の制作会社で働いていて、ADという仕事柄、時間も不規則で、休みもなかなか自分とは合わず、会ったのは3年ぶりくらいになる。
夜8時に西船橋の駅で待ち合わせして、そのまま駅前の居酒屋へ。
僕らはともに、国際系の学科なのに、映像系で働いている。学生の頃は、そんな話は全くしたことがなかったのに、映像編集の事とか話をしているのが新鮮。
そんな彼が大学卒業後やってきた仕事を来月でやめるという。

理由は『夢をあきらめらきれないから』
ワーキングホリデーでドイツにサッカー留学に行くのだそう。今も仕事の合間に時間を見つけてサッカーはやっているものの、なかなかボールに触れる機会がなくて、次第にフラストレーションがたまってくるのだそうだ。ここまで来ると、本当にすごいと思う。どうしても諦めきれないサッカーへの道、アグレッシブにチャレンジしていく彼を応援していたい。
そんな彼とのプロジェクト、同窓会でビデオカメラ持ち込んで、
それで特別記念映像作っちゃおう!夢は思いつきから現実へ。

そして土曜日、バンタンの映像クラスの同窓会。といっても、もともとそんなに人数が多いクラスじゃなかったから、集まったのは先生を含めた女性3人と男2人の計5人。
渋谷のビルの3Fにあるこじんまりしたダイニングバー。白壁で、天井が低く、ソファもあって、照明の感じもちょうどいい、雰囲気のあるお店。そんなお店で僕らは1年ぶりに再会した。
まずは近況報告、仕事をやめていたり、変わっていたり、変化はいろいろあるけれど、
なんだかんだ言ってみんな映像に関わることをやっていた。先生は相変わらず、クラブ、ライブ、様々なイベントでVJとして精力的活躍していて、これから新しいジャンルに殴りこみをかけていきそうだ。
もちろん生徒だった僕らも負けてはいられない。映像制作だったり、編集だったり、映像と関わっていく状況の中で、熱い夢を持っているメンバーたち。
「皆でなんか企画してやりたいね」
そんな話、学生の頃はしていなかったけど、やっぱり今こうやって話ができるのはすごくいい。
それぞれが自分の目指す事をやって、その上でスクラムを組めるのならいいものが出来る。

その後行ったダーツバーでチーム分けして、かなり熱いバトル。
その様子はビデオで撮影したんだけど、今日改めてその映像みたら、
自分の声がなんか酔っ払ってるぞ、とか思いながら皆のヤンチャさに思わず苦笑。
午前2時、こんな時間にも関わらず人が溢れる渋谷の街で握手をして、
それぞれ帰途についた。
(といっても、僕だけはもちろん終電は終わってるから、ネットカフェへ)


今週は友人だけでなく、仕事を通して若手の映像職人に会った。弱冠24歳ながら、素晴らしい映像を作っている。DVD制作で依頼された内容はバンドのPVだったが、周りの人らがたくさん登場して、ダンス、衣装、演出、そこで一つのアートが出来上がっている。人とのつながり『縁』、というものを感じる事が出来る、感動を与える映像だった。名古屋からわざわざ出向いてきた彼と、仕事を通じて出会えた。多くは語らない彼だけど、映像から大切な事を教わった。

人を含めたあらゆるものとの出会いや縁ってとても偶然で、けど結果的には必然な事ばかり。
そこには感動や驚きがあって、「それを共有したい」、「他の人にもこの思いを伝えたい」、
「この感動を忘れたくない」そんな思いが映像や写真へと自分をかきたてていく。
もちろんそれは映像だけではない、人が生きていく上で生まれる「あらゆる表現」において、
そういうものは含まれているのだろう。

人と出会い、つながっていく上での『和』と『輪』、これがあらゆるパワーの源になりそうだ。
[PR]
by shuxaku | 2005-05-29 23:54 | +++ Life +++
<< 今夜台湾食堂で会いましょう。 地元のコミュニティに参加してみて >>