アウトドアデイズ。

『すみませんー、木陰のある所ってあります?タープ建てるの面倒なんで』

『ええっとね~、よいしょ・・・・このあたりだったら大丈夫かな』
管理人のおばさんがキャンプ場内の地図を僕に見せながら、
その場所を指で指してそう答えた。

『ただ、この前の台風で枝がたくさん落ちてるだろうから、
気になるようだったら言ってね。場所変更してあげるから!』
『わかりました、ありがとうございます』

その時、僕は千葉の山の中にあるとあるキャンプ場に着いた所で
チェックインをしてるところだった。

高校時代の部活のメンバーを中心に企画したBBQ。
数ヶ月前、このメンバーで飲んでる時に言い出したこの企画で、人が集まるか
不安な部分もあったが、いざ蓋をあけてみれば総勢17人のメンバーがそろった。
(うち、2人はチビッコちゃんですけど)
夫婦、恋人、親子、友達同士といろいろな形態になって集まったわけだが、
高校の時から見知ってるメンバーだから、なんだか不思議な感覚に陥る。
僕も友人を連れて行ったが、なんと生まれて初のBBQという事でかなり驚いた。

イレブンオートキャンプパークという今回のBBQの会場も、27日の当日の約1週間前に
メンバー3人でインドカレーを食べながら決めた場所。それまで、打ち合わせをやろうやろうと
言いつつも、なかなか集まれず、直前に場所を決めて、食べるもの決めて、各自の持ち物も
決めた。

当日は土曜日で、直前の台風の心配もあったが、
そんな心配を吹き飛ばすような快晴。気温は高いが、少し高い丘にあるせいか
時折涼しい風も吹く絶好のアウトドア日和。
b0069430_150641.jpg

強い日の光が緑によって遮られたサイトで、BBQの準備も進めつつも、
買出し班が戻ってきたために乾杯することに。
『千葉の自然とそよ風と皆の笑顔に乾杯』という僕の意味わからん音頭で、いざ乾杯。
この日はリクエストによりノンアルコールビールという、自身を誤魔化すには素晴らしい
飲料も登場した。(車6台と運転メンバーが多かったため・・・)

もちろん運転に関係ない人らは気兼ねなく、本物のビールを飲んで、顔赤くして、からんでくる者いれば、挙句の果てにイスで居眠りを始め、口からヨダレをたらす者も・・・。(笑)

この日の食べ物は通常のBBQに、鉄板焼き、燻製。そしてカセットコンロによるフライパン料理まで。人数が多いと何でもできるのが、いいところ。燻製は僕にとっては初めてで、ダンボールによる燻製なのだが、出来上がりのそのとろけるようなチーズや蒲鉾、タマゴの味に驚き。

一応、自分は火起こし担当(勝手に)だったが、火が安定したら、うろちょろ飲んだり、食ったり、かなりお気楽な身分で、とても充実した時間を送ることが出来ていました。(笑)

高校の頃から10年ほど経って、
それぞれの環境、状況は当然ながら過去とは全然違っている。
僕が高知、東京、上海とこの地から離れている間に、皆知らないところで、
着実に大人になっていってるんだけど、妙にはしゃいだり、意味もなく声を上げたり、そして
心の奥の部分は皆、昔そのままのよう。
そしてそれぞれの大切な人とも、ゆったりとした時間を共有している、
それがなんだか嬉しくもあった。
[PR]
by shuxaku | 2005-08-31 23:30 | +++ Outdoor +++
<< そして思った。 山手線ショートコメディ >>