転がり続けて。
23~25日はこの初夏から進めてきた無人島上陸作戦があったのだが、
交通手段のちょっとした手違いで延期せざるをえなくなった。
直前の19日の事だった。

そして、じゃあその空いた連休にどこ行くか?と19日に話し合った結果、
伊豆の神津島へGOということになった。
自分らだけじゃなく、人数も増やして、いろいろと面白いことをやろうという企画のもとに。

神津島のキャンプ場を予約し、船の時刻も確認した。急なスケジュールにも関わらず、
適度な人数が集まった。釣り道具やシュノーケル、野宿道具一式をつめたバックパックが
まだかまだかと23日を待っていた。。。

ところが・・・
22日の朝から神津島のキャンプ場から連絡が入り、23日に神津島に渡る船は問題ないが、
24日は台風の影響で欠航する可能性が高いとこと。
「うっ・・・マジかよ」
自分も含めて一緒に行く連中は皆仕事中で、確認の連絡もままならない。
今回は晴れ男、晴れ女が揃ったメンバーなのに、逆に大荒れの台風だとは・・・。
昨日までのテンションがウソのように下がってきた。

せっかくの連休に暇を持て余したくはないが、台風の中でやる野宿の大変さを知ってるだけに
それは考えるだけでもウンザリだった。

まあとにかく台風に負けるのはシャクだったし、休みと取ってきてくれる友達のこともある。
22日の深夜に『西伊豆』で遊ぼうと決まって、そこから慌しく準備開始。

23日午前6時、自分の部屋を出発。沼津に5人が集合したときは、
台風なんかどこだよ、というくらいのピーカンの天気。やっぱり晴れ人間勢ぞろいだった。

今回のメンバーは旅を通して出会った人たち。皆海外の安宿を泊まり歩いているメンバーで、
俺と同い年のチベットで会ったUに、ベトナムで会ったY太、それに妹、その旅友達のU君。
車2台に分乗して、お気に入りの音楽のかけ、いざ南の松崎町へ。

b0069430_23233340.jpg
キャンプ地に行く前に、とある海岸で泳ぐことにした。
人が少ない海岸で波もほとんどない穏やかな湾内で、距離にして300mくらいある
対岸の島まで泳いで渡った。泳いで渡った小さな無人島は別天地のようで、海辺で
寝そべったり、対岸でU君がたたくジャンベに耳を傾けたり。。。
それにしてもこのジャンべという楽器、コダマしながら恐ろしいくらい湾内に鳴り響いていた。

そして友人に連れられ、島のまわりを一周しようということになり、いざ泳ぎ始めると、海が
がくんと深くなり、水の温度がやたらと冷たく感じられた。そのあたりは深さにして4~5mくらいだが、底まではっきり見えるくらい水が澄んでいた。

たくさんの魚、海藻がゆらゆら動いていて、水の中はプチプチという音がなっている。
世の中全てのモノが珍しいといった子供のような好奇心で、海の中の世界に夢中だった。
さっきまで、立っても足がつかないところに来て、内心「こえ~」とか思ってたけど、
人間案外簡単に新しい環境に慣れるもんだ。

サザエやアワビはないかと目を凝らし、底まで泳いで行って見るが、そう簡単に見つかるものじゃない。友人はシュノーケルの道具を外して、岩の上から海に向かってダイブしてる。。。

島のちょうど裏側あたりは浅いが、流れが複雑で必死に流されないように頑張って泳ぐ。
途中、岩が浸食されてU字型になっているところから、水がスゴイ勢いで出入りしているところがあり、しばらくそこの波で戯れつつ、泳ぎ再開。今度は洞窟みたいなところをくぐっていくのだが、
そこは今日一番の深いところで、底は15Mくらいあるだろうか、海溝みたいになっており、なんだか薄暗くて、水温がそこだけ低くて、ドキドキしながらそこを泳いで通過。
そこから20分ほどゆっくり泳ぎながら、元の岸に戻った。

b0069430_23292148.jpgこんなに泳いだのは本当に久しぶりで、とても気持ちのいい時間だった。
岸についてもやたら気分が高揚していて自分はビデオまわしながら、意味分からん雄たけびをあげていた。。。しばらくして、皆で持ち寄った楽器でプチ合奏会。
また楽器がすごくて、ジャンベ、ディジュリドゥの長いのが1つ、四角形のが1つ、マラカス、ギロとなかなか豪華な楽器が並んでいた。(写真のU君が手にしてるのが、アボリジニの楽器・ディジュリドゥ)

海岸での時間は本当にあっという間で、日は西に傾き始めていた。
結局キャンプ地・西伊豆オートキャンプ場についたのは暗くなってからだったが、
七輪で焼いたサザエのつぼ焼きに、アジの開き、そして鉄板で広島焼き風、そしてビール。
これだけ、揃っていれば、夜はもう楽しくないわけがない。

結局、次の日も皆でゆっくり起きて、車で自宅についたのは夜だった。
最初の予定が転びに転んで、西伊豆でのキャンプだったが、ここはここで、
また自分のお気に入りの場所のひとつとなった。

最近、ブログを書きながら、「まただ・・・」と思うことがある。
それは、ここのブログが、自分のアウトドア遊び報告の場所でしかないのか?というくらい
バーベキューやキャンプのネタばっかり。
こんなんでいいのかな、と思いつつも自分の性格上、外遊び止められないのです。
このアホ、また外で遊んでばっかりいる・・・。そんな感じの温かい目を
そっと向けておいて下さい。            
[PR]
by shuxaku | 2005-09-27 23:11 | +++ Outdoor +++
<< 夢バトン。 そそのかしの本。 >>