2005年最後の日。
b0069430_16401413.jpg

今年も気づけばあっという間に年末を迎え、今日は大晦日。

ちょうど一年前の今日も中国・成都のゲストハウスで
ストーブで手を暖めながら、ブログの文章を書いていた事が、
昨日のことのように思い出される。

この一年、嬉しかったこと、笑ったこと、くやしかったこと、苦しかったこと、
いろいろな感情と共に生きていた。

冬。
上海から戻ってきたばかりのころ、周りから日本語が聞こえてくる事に違和感ばかり感じた。
人生初の1週間断食にチャレンジ。食べ物の大切さ、自分の心、体を管理する大切を知った。

春。
アジアの山の中で撮った写真が、初めて出した写真展に入選し、新宿のビルに飾られた。
ハメを外しすぎて、高知で記憶を飛ばした。
千鳥が淵の夜桜の華麗さに感動した。
著名写真家の講演会によく足を運んでいた。

夏。
数年ぶりに青春18切符を買った。
毎週のようにバーべキューに行ったり、海で泳いだりしていた。
仁淀川は遊ぶには、やっぱり日本一だと思った。
噂の沢田マンションに堂々と潜入、屋上から花火見学。
カッパを探しに川の源流へ探検したが、カッパがいなかったため、
友人がカッパになっていた。

秋。
房総の山の上から人生初のバンジーをした。
シュノーケル付けて泳ぎながら、小さな島を一周した後、
海を見下ろせる山の上でキャンプ場で、暗闇の中、料理をした。
大豆畑に行って、とりたての枝豆の美味さに感動をした。
度重なる台風のせいで無人島に行けなくなった。
代々木公園でバレーボールをしつつ、アメリカ人ハーフの子の子守役に任命された友人。

冬。
冬なのに自分の部屋の中に、なぜこんなに蚊がいるのか不思議でならなかった。
会社敷地内で農業を始め、全て手作業でしていた先人の知恵に脱帽。
七輪で季節の味を頻繁に食した。
幻想的な世界の音ライブを体験して、その演出に鳥肌がたった。
友人主催のカフェ貸切パーティーで、友人のパワーに触発される。ビバ、怪しいゲーム。
半徹夜状態での編集仕事が続いた。


自分のために、忘れないように印象に残った事を書いてみた。
ここには書いていないが、新しいことをいくつか始め、たくさんの素敵な出会いもあった。

『青春とは心の若さである。夢を失ったとき、はじめて人は老いる』と言った
ユダヤ人の詩人サムエル・ウルマン。

数年前に彼の詩を初めて見たときに、自分の中でちょっとした革命があった。

夢があるから人間なんだ。
そして、夢があるから、自分は『今』を生きなければいけないんだ。
 
『挑』で始めた2005年、まもなくやってくる2006年。
この今という瞬間、家族、友人、今年出会った人々、そしてこれを読んでいる見知らぬあなたと、同じ時間を共有している事に、嬉しさを感じます。

ありがとう、そしてこれからもよろしくお願いいたします。

b0069430_14462145.jpg


P.S 2005年最後の朝食は、玄米のお餅でした。
    無農薬で育てられたコメの力強い味がする、この美味さ、わけてあげたい(笑)
[PR]
by shuxaku | 2005-12-31 14:46 | +++ Diary +++
<< 自分の手でつくること 寒いのは苦手だけど。 >>