自分の手でつくること
地に足のついた生活をすること。
無茶はしないけど、自分が好きなことなら、やれるところまで、
そして正しいと思うところまで、やってみること。

その過程で、思い望むものを自分の手から生み出すこと。
これにこだわる一年にしようと思う。

好きな事、それは仕事でも、趣味でも、今の自分の生活に必要なものである。
だからこそ、その成果、結果を作り出すことにこだわっていく。

これが今年の自分テーマ。


今自分が住んでいる平屋は10畳ちょっとのリビングと6畳の寝室からなる。
3年ほど前、この部屋に引っ越してきたとき、6畳のスペースは完全な和室だった。
別に和室が嫌いなわけじゃなかったけど、抹茶色の壁が嫌で、1ヶ月ほどかけて、
壁を白い珪藻土に塗り替えた。

真夏の作業で、エアコンもないから、本当に暑かったけど、出来上がった部屋は
明るい部屋に生まれ変わった。

b0069430_142515.jpgベットの上で建築雑誌を眺めながら、将来住むならやっぱり白い珪藻土の壁に、床は木のフローリングがいいなと、思いをふくらませる。

自分が生まれるよりもずっと遠い昔に死んでいったプランクトンたちが堆積した海底の土が、珪藻土の壁材として、今ここで呼吸をしている。

この珪藻土に囲まれたこのちっぽけな部屋の木製デスクの上で、同じように呼吸をしながら、
ブログを更新する自分。

相変わらずの調子だけど(笑)、2006年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-05 01:38 | +++ Life +++
<< 人体に関する未知の可能性  2005年最後の日。 >>