ある日のスローな晩御飯。
仕事が終わった、平日の晩。
僕の部屋で、あるイベントの準備のために、妹と料理の試作会をすることにした。

ただ、妹も僕も仕事後だから、料理し始めたのが午後9時過ぎ。
旨いメシを作るために、もくもくと料理。

いや、もくもくと料理したわけじゃないな。
なぜ、あんた(妹)と俺が一緒に晩御飯を作ってるのかという疑問を口にしながら、
料理をしてました・・・。

約1時間後。
なかなか豪華なご飯が出来た。
レシピ本なんてものは見ないで、イメージで作ったけど、なかなかの美味。
b0069430_101318.jpg

b0069430_13429.jpg

・・・妹が作ったもの・・・
・ゆかりと自家製シソの和風パスタ
・マグロとアボガドのカルパッチョ
・ゴーヤーチャンプル

・・・僕が作ったもの・・・
・ベーコンとズッキーニのぺペロンチーノ
・トマトとモッツァレラと生バジルのカプリ風サラダ
・親父の作った自家製じゃがいもと玉葱の中華風煮
・畑でとれたダイコンとカブの根菜シンフォニー味噌汁

命名だんだん意味不明になってきたーね(笑)
というか、味噌汁だけは厳密に言うと、その日の朝作ったものだから、
ちょっとその場には不似合いだったけど。

自分らで作ったご飯が美味しいってもちろん嬉しいけど、
何が嬉しいって、庭で育った野菜が増えてきたのが嬉しい。
[PR]
by shuxaku | 2006-07-16 23:25 | +++ Diary +++
<< 行ってはいけない島。 僕が僕であるために >>