岐阜スノボツアー。
今シーズン2回目のスノボに行ってきました。場所は岐阜まで。
メンバー構成は関東から4人、関西から3人、その中間地点ということで、
岐阜になったのですが、予想以上に遠かった。

金曜夜12時前に千葉の自宅を車で出発して、都内で大学の同級生2人を拾って、
たまに高速道路のSAで休憩しながら、岐阜の鷲が岳スキー場に着いたのが土曜の朝9時半ごろ。(地図で見たら、福井県、石川県の境まですぐそこ!)

夜中に寝ないで、千葉から岐阜まで運転する事に多少の不安感はあったけど、
なんとか無事に到着することができました。
(予想以上に田舎の場所で、ガソリンスタンドがなくて、ガス欠の危機に晒されたハプニングもありましたが・・)


自分も胸を張れるほど上手いわけじゃないのに、
今回は初心者がいたので、自分は教える側へ。

教えることって難しいなぁと思いながらも、なんとか教えようとしていたが、
結果的には皆コツを掴むのが早くて、午後にはリフトに乗って、本格的にスタート。

それからはもう、皆夢中で滑ってました。だんだん雪が降ってきて、
最後のほうは視界が悪くなって、スピードを出すのをやめて、ジャンプの練習。
けど、視界が悪い時はジャンプ、無茶なことはしないほうがいいということを、
最後の方になって強打の痛みをもって知りました(笑)

その後は温泉に行って、皆で貸し別荘へ。この別荘がまたいいところで、2階建ての素敵なログハウス。しかも7人で割ったから、民宿に泊まるより安いところがいい。

そこで、皆でキムチ鍋を作って、鍋をつつきながら、ビールを飲んで団欒。
なんだか、合宿みたいだなぁと思いながらも、皆ほのぼのして、自分の家にいるように、
くつろいでいました。

日曜日は近所のかの有名な街、郡上八幡へ行って散歩。
昔から気になっていた場所だけに直前に行こうと決まって、個人的に嬉しかった。
古い町並みを歩きながら、たまに聞こえる風鈴の音と川のせせらぎの音が聞こえて、懐かしい感じ。夏が恋しくなる街、そんなイメージの街でした。
この街の美味しいそば屋で昼ご飯を食べて、関東組と関西組はここで解散。

本当に楽しくて、あっという間のひとときでした。
こんなに楽しい時間を共有できたのも、皆がいたからで、東京方面へ向かう帰り道、
自分はなんて恵まれているんだろうっていう想いが湧き上がって、しみじみ嬉しくなりました。

スノボ滑り終わった後、温泉に入っているときのこと。
『俺、去年からこうして皆と集まって、楽しいことやれるから、仕事も頑張れるんだ』と
湯船に浸かりながら、友人Hが言った言葉が今もすごく心に残ってる。

仕事の動機は皆それぞれだけど、幸せになりたいって思いは皆一緒なんだよね。
これからも、楽しい事やっていたいなって思いました。
[PR]
by shuxaku | 2007-02-19 00:24 | +++ Diary +++
<< サイクル。 カレーな日々。 >>