ただ、一生懸命に。
何かを一生懸命やるということは、傍からみたらとても地味なことが多いように思う。

それが例えば、未来の輝かしい夢を実現させるためでも。

地味で、こつこつやらなければいけないことが多い。

何かを越えたと思ったら、またすぐ山が現れて、目の前にたちはだかる壁。

正直、目を背けたくなって、その前で引き返したくなりそうになったりする。


それでも、前に向かう気持ちだけはなんとか保ちつづけて、

しっかりと心に根をはっていようとする。

誰かに勝つよりも、それよりまず先に自分自身に勝とうということだけを胸に、一歩前へ。

誰にでもできることだけど、誰にでもできることではない。



だからだろう・・・。

何かに向かって頑張ってる人を見ると、すごく感動を覚える。

自分でも驚くぐらい、純粋に心が揺さぶられる。


自分も、そんなところで立ち往生していないで、もっともっと上を目指さないといけない。

夢を目指す自分の気持ちで、自分自身を引き上げていくことをさぼっちゃいけない。

ただただ、一生懸命に頑張っている人を見て、書かずにいられなかった。


感動する心、夢を見る心、それは僕ら人間に与えられた極めて美しい才能なのだから。
[PR]
by shuxaku | 2007-05-17 00:09 | +++ Diary +++
<< 旅フォト@東京の楽園・神津島 洋上の楽園へ >>