夏、あやうく露出狂になるところだった。。。
(前回の続きから)

午後八時。キャンプ場を出発した僕らは、自転車で盆踊りの開催場所に向かっていた。
中心部は車止めるところないくらい混むだろうという予想の通り、駐車場はどこも満車状態で、僕らはチャリンコに浴衣という格好で商店街を通っていた。

自転車のハンドルからサドルにかけて、横に棒があるタイプの自転車に乗っている僕ら2人。浴衣の下半身部分が左右に分かれているという、あまりにも滑稽な格好だったけど、夜風が気持ちよくて・・・。(笑)


祭りの会場は、日々変わるらしいが、この日は普通の路地で150mくらいの長さ。
そこで、2重の細長い円形で輪になって、音楽にあわせて時計回りに踊ったり、その逆だったり、かなり人々との距離が近い盆踊りだった。

音楽の種類は全部で10種類、昼の練習会で習ったのは2種類だけだったけど、残りは周りの人の見よう見真似でやるしかない。
慣れない下駄を履いてるけど、この下駄も郡上踊りにとっては大切なアイテムのひとつ。
幅4m程の細い路地に、下駄の音と生演奏の音が響き渡っていて、なんともいい気分だった。

郡上踊りは見る踊りじゃなくて、誰でも一緒に踊る踊りだと言われるけど、多分踊っている人の7割くらいは観光客じゃないかな・・・と思いました。皆が浴衣を着て、踊るってなかなかないだけに、それがすごく良かった。

踊りはじめてしばらく経った頃、若い女性に「お兄さん、帯ほどけてますよ・・・」って言われた時はあせりましたが・・・。
まぁ、危ないところでした(笑)

夜11時。踊りが終った。
足は下駄のせいで痛く、体中が汗だらけだったけど、達成感で一杯だった。
こんな熱い盆踊りは、初めてだった。

路上に止めていた自転車に乗り込み、それからまたキャンプ場に向かった。
またビールを飲んで、シャワーを浴びて、気づいたらテントの中で寝てました。
友達のYは、俺がテントの中にいるのを知らず、外のイスで俺を待ちながら、そのまま寝てたみたいですが(笑)


翌朝7時過ぎ。太陽のせいで、テント内が早くもサウナになりそうな暑さだった。
飛び出るように、テントの外に出て、イスに座りながらぼんやりお茶を飲んでいた。友達もすぐに起き出してきたので、早速火をおこしてからスタート。
友達がダッチオーブンでご飯を炊いたものを、焼おにぎりにして、おかずに、ししゃもと餃子を焼いて・・・、という朝にしては風変わりな朝ごはんを食べたけど
これがむちゃくちゃ美味いのが、アウトドアのすごいところ。

うまい、うまいと言いながらご飯をあっという間にたいらげて、それからまたしばらく近所の子供とジャンベで遊んだり、お茶飲みながら、友達やキャンプ場のオーナーとおしゃべりしたり、かなりゆるい空気の中で、たくさんのリフレッシュ空間を楽しんでました。

昼ごろ、キャンプ場で出会った皆で記念写真を撮って、
僕らはキャンプ場を後にして関東に戻ってきました。


夏って、ほんといい季節だなって思う。
郡上八幡で見た、入道雲は忘れないように心の隅にそっと置いておきます。
[PR]
by shuxaku | 2007-08-25 23:35 | +++ Outdoor +++
<< 千葉の海をゆらゆらと。 日本の夏。男二人、浴衣でキャンプ。 >>