スクールメイトな一日、夢の花を咲かせよう。
3連休のある一日、たくさんの同級生に会った。



予備校時代の同級生と・・・。

千葉・正午過ぎ。
大学受験の頃、同じ予備校で成績を競いあったライバルであり、
よき話相手でもあった仲間と3人で、マザームーンカフェのソファでランチをした。

もうあれから10年が経ったんだという現実が信じられない。
あの頃、毎日勉強漬けの生活だったんだけど、夢があったから、今思えばすごく楽しかった。いや、つらかったけど、いい時期だったとはっきり思える。

今、住んでいるところ、仕事もバラバラだけど、彼らの成長意欲はすごく刺激になる。
自分も、もっともっと勉強して、夢に確実に一歩一歩近づける道を歩もう、
忘れていた何かを思い出させてくれた彼らに感謝。




大学を卒業した後、仕事しながら半年間通っていたバンタンの映像コースの同級生と・・・。

下北沢・午後6時過ぎ。
あるギャラリーの2階。そこでは童話の世界が広がっていた。
絵と音楽と映像のセッション。すごく斬新的な世界だった。

それぞれのアーティストが、感じるままに、表現したいがままに、それぞれのインスピレーションを体全体で取り込んで、アウトプットしていく。描かれては消えていく、動物や自然の絵。
1+1+1がとてつもないパワーをもって、新しい世界を切り拓いていくような感じだった。
その3つがぴったりと合わさったときは、今までに感じたことのないような境地を垣間見たようで、その世界が持つ独特の力に感動した。

映像を担当していたのは、自分に映像を教えてくれた先生。
彼女は今もクラブやイベントなどのVJとして活躍しているが、プレイをしているのは初めて見たのでなんだか新鮮な感じでだった。いつも飲んでるイメージだったので・・・(笑)
会場を後にした僕ら同級生はそのまんま近くの居酒屋へ。

皆、遠からず映像関連の仕事をしている仲間なので、話題も映像関連になることが多い。やはり、さっき見た世界が頭に残っているのか、皆、いい映像が作りたいという思いにあふれているのが、ビールを飲みながらでもわかる(笑)



大学時代の同級生と・・・

下北沢・午後9時過ぎ。
最近、下北沢に引っ越してきた大学時代の親友と、新居へ。
いや、新居というか、大正ロマンな雰囲気を彷彿させる部屋だった。
一階のドアを開けたら、靴を脱いですぐ2階へ続く階段。
階段を上りきると、和室があって、その奥の台所にはオレンジ色の豆電球。
『神田川』の世界に出てきそうな部屋だった。隣はちょうど銭湯があるし(笑)
この部屋がどういう風に進化していくのかが、楽しみ。


部屋見学した後は、街を散歩しながら、オープンな感じの居酒屋へ。
それぞれ飲み疲れていたので、最初の一杯は二人ともグレープフルーツジュースで乾杯。居酒屋なのに、この舐めてる感、素敵。

僕らはそこである大きな夢を達成するべく、バカ話に花を咲かせて、深夜遅くまで語り合った。自分が好きな街に住む友人を羨ましくも思い、自分も早く自分の夢を叶えられるよう頑張ろうと心に誓った。


人と会うとすごくパワーをもらえる。
そして、自分がやりたいと思っていること、喜ばれることなど、
いくつかのことを実現すべく、いろいろと考える。

あれもやりたい、これもやりたいと、貪欲に・・・・(笑)

それから数日後の今日。

欲しいと思っていたプロジェクターがただで入手できることになった。
また思いがひとつ通じたことに感謝です。
ありがとう。
100インチのスクリーンだけは、自分で買いますが・・・。

このプロジェクターを使って、自分の部屋で、ちっちゃなイベントをやることにしました。


秋の夜長を楽しむ会、発足です(笑)
[PR]
by shuxaku | 2007-09-20 00:04 | +++ Diary +++
<< 日々所感。 おいっ、ポイ捨てしたら、1日0... >>