秋の千葉を楽しむ、ホームパーティ。
先週末は本当にいい時間だった。
あまりの楽しさで、時間が猛ダッシュしてるんじゃないか、そう思えるほどあっという間に過ぎ去っていった。

土曜日・・・
千葉・佐倉の実家に友人たちを招いてホームパーティ。
その後、歩いて印旛沼のほとりで、花火大会鑑賞。
それから、車で10分ほどの僕の部屋(佐倉の隣の四街道)で、マル秘映像上映会。
また実家に戻って、皆でお泊まり。

日曜日・・・
南房総で、またも海釣り(笑)

こんな感じのスケジュールだった。

毎回のことながら、ホームパーティをやる前日は準備に追われて大忙し。
いつもなら、掃除と料理だけでも手一杯なのに、今回は映像の編集も同時に進行しながらで、遊びのくせして前代未聞のてんやわんや。

ゴハンも何作ろうかといろいろ悩んだ挙句、僕はこれを作ることにした。

・ひよこ豆のラタトゥイユ
・ホウボウのカルパッチョ・バルサミコ仕立て
・自家製カボスを使ったアジのカルパッチョ
・大根のソテー
・石焼いも (ちゃんと黒石を使って)
・アボガドと生ハムの前菜
・自家製バジルのブルスケッタ

時間があったら、イワシと自家製バジルのオーガニックパスタ

・・・なんだか、横文字ばかりで、相当気取ってる感じでした(笑)

(Saporosoというバルサミコは美味しいので、オススメです)

b0069430_23441688.jpg

土曜は朝6時から大忙しで、ラタトゥイユ作って、8時には姫路から夜行バスで遊びに来た友達を迎えに行って、10時にはフランスパンとアジ・ホウボウを買いに行って、11時から魚の下ごしらえをして、友達にも料理を手伝わせ(笑)、12時半過ぎに実家へ移動。
実家では、妹と母親がテーブルに美味そうなゴハンを並べ終わったところで、なんだか豪華な食卓に。

続々と友人たちが集まってきた。

ちゃーんと作るものリストをメモしていたけど、ゲストの友人たちの手土産代わりの素敵な手料理たちで、テーブルはかなり食べ物密度が高い。。。
予想以上のゴハンで、今回は予定の半分くらいしか作らなかったですが・・・(笑)
逆に、皆の料理が見るからに気合が入っているものばかりで、なんだかすごく嬉しかった。しかもすごいのが、どれもほんとにうまい。

昼間から美味しいもん食べて、シャンパンとプレミアムモルツを飲んで、その合間に2階でこっそりと映像編集。という、よくわからない行動でうろちょろしていた自分。

気づいたらあっという間に花火の時間に。

それから、皆でのんびり1時間ほど歩いて印旛沼のほとりに到着。
田んぼの中の農道にずーっと立ち並ぶ屋台が、なんとも不思議な雰囲気。姫路から遊びに来ていたHが「この景色を見れただけでも、千葉までやってきてよかった」と言ったのには笑ってしまったけど、本当に自分が今まで生きてきた中ではじめて目にする味ある風景だった。
b0069430_2345038.jpg

b0069430_23453076.jpg


ここの花火は初めて見たけど、予想以上に良かった。周りは全部畑だから、花火も笑っちゃうくらい見渡せるし。この花火の感動は言葉で伝えられないけど、一つだけいえるのは皆で土手に並んで座って眺めた光景はずっと忘れないと思う。
あの寒さも・・・(笑)

それから実家に戻って、食べものと飲み物をたくさん車に積み込んで、車三台で3キロ離れた僕の住む部屋へ移動。11人も入ったら、部屋は暑くなるかなと思ったけど、相変わらず通気性がよい僕の部屋はだいぶ涼しげ・・・。

乾杯の後は、いよいよマル秘映像の上映会。
プロジェクターと100インチのモニターで特別演出してみました(笑)
予想通りの歓声に、心の中でガッツポーズ。
b0069430_23455210.jpg

内容は過去のキャンプイベントの映像だったけど、盛り上がってくれて嬉しかったです。
途中、ダッチオーブンの中に黒石を入れて作った『石焼じゃがバター』を配給し、僕は一番後ろに座ってシャンパンを飲みつつ、映像を眺めながらも、ひとりこっそりとノートPCでサプライズ用の映像編集。

『さっき見てきた花火が、もう一度モニターで映し出されたらおもしろいかも』

キャンプ映像の後に、この映像を続けて、上映しようと思いついたのは、花火からの帰り道。たまたまデジカメのオマケ機能的なビデオ機能で撮ったムービーでしかないが、やってみようと思いついて、やっちゃいました(笑)


皆とキャンプ映像見ながらも、誰にも知られないようにドキドキの20分で編集したこの映像を期間限定でUPします。

秋の夜長、あなたの心に届け、千葉の花火(笑)

[PR]
by shuxaku | 2007-10-22 23:48 | +++ Outdoor +++
<< 釣りバカにつけるクスリなし。 釣りキャンプ~夕陽に向かってキャスト >>