カテゴリ:+++ Diary +++( 151 )
ゆらぎフェスタ フライヤー
「夏灯、ゆらぎフェスタ」フライヤーの完成イメージです。

前回に引き続き、今回も自分がデザイン組んで、フライヤー作ったのですが、毎回思うこと。
(題字は、S君ですが・・・)

デザイナーって、ほんとうにすごいな、と。

素人の自分が作るものは、どうしてもワンパターンになりそうで、一生懸命それらを回避しながら創る、という感じで、かなり四苦八苦です(笑)

ただ、そんな四苦八苦も実は楽しくて、今回は前回に比べて、ますますパワーアップしたイベントになりそうで、今からワクワクです。

人と人の間から生まれるパワー、エネルギー、アイデアは、本当に強力で、やばいです。

今の僕らに求められているのは、人が一人で生きてく強さではなく、人と協力しあいがなら、つながりながら、無限の可能性にチャレンジしていくことなんだな、って最近つくづく思います。

それを仕事でも、遊びでも、家庭でも、境界を作るのではなく、自分自身のあり方から変わって生きたいと強く感じます。


さてさて、こちらがフライヤーです。
クリックで拡大できますので、詳細が気になる方は、カチカチっとお願いします!


b0069430_21435715.jpg


b0069430_21442373.jpg



昨晩は、22時から渋谷でバーテンの友達と打合せをしてました。
今回も、イベントでは美味いカクテルが出ますよ。

ぜひぜひ、焚き火のそばで、その美味しいカクテルを堪能して下さい!

てか、乾杯しましょ。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-09 21:45 | +++ Diary +++
ゆらぎフェスタ インフォメーション♪
昨冬に行った神奈川・大磯でのイベント
「一軒家で過ごす、キャンドルナイト」に引き続き、
今月20日(夏至の前日)に「夏灯!ゆらぎフェスタ」を行うことが決定しました!

今回は場所を千葉に移して開催。若手農家さん「あいよ農場」と、キャンプや旅で出会った仲間たち「虹たね」メンバーとのコラボ企画です。


おいしい食べ物をつまんでみたり、ワークショップに参加してみたり、スタッフとおしゃべりするのもよし。
美味しいドリンク片手に焚き火のそばでゆっくりしたり、映像やライブを聞くもよしです。
一年で一番日の長い日を楽しみましょう。ぜひ足をお運びください。

詳細は決定次第、随時「虹たね」blogでアップする予定です。


☆☆出店者、お手伝いスタッフ募集!!☆☆
(詳細はイベントお知らせのあとにあります)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
あいよ農場×虹たねコラボ企画
「夏灯(キャンドル) ゆらぎフェスタ」

日時:09年6月20日(土)正午スタート→19時半ごろ終わり
場所:工場跡「junkarc」(千葉・山武市殿台229の1)
     (総武本線成東駅から徒歩10分程度)
     ※東京駅から成東行きのバスもあります。
     (片道1500円、千葉フラワーバス

 
入場料:大人1000円〔500円分チケット代込み〕
     高校生以下無料
内容 :今回は千葉・成東で有機野菜を作っている若手農家「あいよ農場」とのコラボ企画で採れたて新鮮野菜を販売します。

また「虹たね食堂」では「あいよ農場」の野菜を使ったカレーやおつまみを出す予定です。そのほか、白砂糖などを使わない「体にやさしいスイーツ」や「チャイカフェ」、七輪を使って料理して食べるセルフスタイルの焚き火BARなどが出店予定。日が落ちたら、キャンドルをともして会場を照らし出します。

「植物性ワックスで作る『レインボウキャンドル』」「国産の竹で作る、オリジナル箸作り」などのワークショップも。  

出店者:オーラソーマ、マッサージ、帽子屋、スイーツ、石鹸、ビーズアクセサリー、雑貨、てぬぐい屋など

出演アーティスト:
近藤ヒロミ&大西匡哉 (アフリカの楽器、カリンバとジャンベの演奏)
・mii.. (キーボード弾き語り)
ありっぱ(姉妹で元気が出る歌を歌います)
・ドン百姓バンド(見てのお楽しみ)
 
(追加アーティスト調整中)

☆☆出店者募集!!☆☆
手作りバックや編み物の販売、ワークショップ、似顔絵など、イベント会場での出店者を募集しています。
おうちでおいしい料理を作ったから他の人にもわけてあげたい、、そんな気軽な参加動機で結構ですので、ふるってご参加ください。
(食べ物の販売の場合はできれば国産、有機のものを使用しているのが望ましいです)
募集店舗:20店舗程度
出店料 :2000円
スペース:1×2㍍程度(応相談)

☆☆13日の準備、お手伝いスタッフ募集!!☆☆
ゆらぎフェスタ:プレイベント
「みんなでワイワイ、準備もお祭りだ!」

日時   :09年6月13日 9時半スタート
集合場所 :JR成東駅(東京駅7:55発のバス、片道1500円)
      ご参考に、千葉フラワーバスのHP


イベントに先立ち、13日はプレイベント「みんなでワイワイ、準備もお祭りだ!」と称し、会場の掃除と準備を行います。普段は使われていない工場を借りてやるため、まずは会場の掃除が必要です。また当日は、キャンドルナイトを行いますが、その会場に設置するキャンドルや竹の切り出しを手伝ってくれる方を募集してます。いっぱい動いたあとには、おいしいまかない付きです。

募集人数 :「キャンドル作り」「イベント用飾り付け」「竹切り出し」
       各チーム5人ほど
当日はまず会場の掃除し、その後、3チームに分かれて会場の飾りつけやキャンドル作り、竹の切り出しを行います。
できれば以下の持ち物を持参下さい。

☆持ち物☆☆☆☆
キャンドルチーム   →雑巾、廃油、ビン、はさみ
イベント飾り付けチーム→雑巾
竹切り出しチーム   →雑巾、軍手、ノコギリ

出店、お手伝い隊の申し込み、ご質問等はこちらまでご連絡(shuxaku@hotmail.com)ください。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-08 12:52 | +++ Diary +++
「ゆらぎフェスタ」 6月20日は、千葉へようこそ!
昨年、12月のキャンドルイベントで、一人の青年と知り合った。
彼の名は、S君。有機農業を営む、あいよ農場の青年。

その彼から電話があったのが前回のキャンドルナイトイベント(12月23日)の
約1週間後のこと。

「もしもし」
ちょうどその時、僕は家族と温泉旅行で、豪雪地帯・秋田の山奥を歩いている時だった。

「かなりいいカリンバのアーティストさんと、使われていないカッコいい工場があるんで、そこでイベントやりませんか?」って。


もちろん、僕は言うまでもなく、ノリノリである(笑)

「ぜひぜひ、やりましょう!仲間連れて、下見に行きます」



それからだいぶ月日が経ち、今日は6月。


打合せを重ねて、ついに皆さんに告知する時がやってきました。


来る6月20日、今度は千葉でキャンドルイベントをやります。

あいよ農場と虹のたねのコラボ企画で、その名も「夏灯!ゆらぎフェスタ」


スタッフのみんなでうんうん悩んで名づけた名前、素敵でしょ?(笑)


今回は前回以上のボリュームで新しいワクワク、キラキラの場を創造したいと思います。


会場は、前回は神奈川のカフェでしたが、今回は千葉の使われなくなった工場。


かなり、勝手が違い戸惑う部分もありそうですが、準備段階から「わいわい、プレイベント」的な勢いで楽しんじゃます。

イベントは6月20日ですが、13日にも現地でスタッフがいくつかの班に分かれて準備をします。

そこで手伝って頂けるボランティアスタッフを募集していますので、
ご希望の方はぜひぜひご連絡下さい。

美味しい野菜を使った、まかない付きです(笑)

shuxaku @ gmail.com


梅雨のじめじめ初夏を、

わくわく初夏に変えちゃおう!
[PR]
by shuxaku | 2009-06-01 20:05 | +++ Diary +++
深川ホームパーティ
先週の日曜日にホームパーティやりました。
自分が呼んだ友達、彼女が呼んだ友達たちで、部屋はいっぱい。
この日は、計23人くらいだったのですが、なんとか無事に終えることが出来ました。
来て頂いた皆様、ありがとうございました~~!!

ホームパーティの裏目的「なんとか、この日までに人を呼べる状態にすること」計画もなんとか間に合ってよかったです(笑)


この日、改めて実感したこと。
人と人が出会うことで、とても大きなエネルギー、パワーが生まれるんだなぁ、ってしみじみ思いました。今度の夏至のコラボイベントも楽しみだし、印旛沼周辺地域のコミュニティスペース作りも、ワクワクです。
そして、それ以外にも楽しみなことがたくさん。

より多くの人と、ワクワク時間を創出して、感動を共有していけるつながりができることが楽しみで仕方ないです!

友人の皆様、また、いつでも気軽に遊びに来てください~。
そして、素敵なお土産もたくさんありがとうございます。
[PR]
by shuxaku | 2009-05-13 08:08 | +++ Diary +++
土曜日は・・・
久しぶりに晴れた土曜日。

朝、洗濯物を干して、ベランダと部屋の境目に座って、読書。

1時間の読書タイムを終えて、部屋の掃除、そして引越しの片付け。

明日はホームパーティで、20人くらい来るから、今日中に全ての片付けを完了させなきゃならない。

引越しして、すぐにパーティってのは、片付けするための理由付けとしては、
最高な気がする。否が応でもしなきゃならないしね(笑)


片付けが終ったら、一度千葉に戻って、ちょっと仕事をして、トラックでまたここに来よう。

それから、仕込みだ。

ワクワクまっちょ。


今日の気分は、なぜかセンプテンバ~。
よし、頑張るぞ。

[PR]
by shuxaku | 2009-05-09 09:18 | +++ Diary +++
47才無職女性の奇跡
それは、イギリスのとあるオーディション番組で起きた出来事。

奇跡を起こした、47歳無職のオバさま、スーザン・ボイル。

それは誰にとっても予想外のことで、そこにいた皆が感動の世界に引きこまれた。


動画を見る

すごいエンターテイナーがいるもんだ。

とても素敵なひとときをありがとう。

関連記事はこちら
[PR]
by shuxaku | 2009-04-17 23:31 | +++ Diary +++
手紙を見つけた
押入れの中を整理していたら、たくさんの手紙が入った紙袋を見つけた。

それも、古い手紙が入った袋で、高校時代~20代前半までの手紙たち。

いろんな手紙があった。

「いよいよ憧れの17歳だね」からはじまる高校時代の部活の友達からもらった手紙、
「昨日はごめんね」、隣の席に座っていた、気になっていた女の子からの手紙、
予備校の仲間からもらったテスト直前の励ましの手紙、
千葉を離れる時に部活友達からもらった寄せ書き手紙、
「請求書在中」と書かれた同級生からのアホな手紙、
大学の寮に毎月届いていた後輩からのラブレターのような手紙、
「お兄は大学に行って変わったね」と書かれた妹からの手紙、
渡せなかった恋文・・・(笑)。

そして、以前の仕事で、派遣されていた飲食店最後の日に、
バイトの秋田娘3人にもらった「果たし状」には噴き出した。

一、隈部ハ一日ニシテナラズ。
一、チャッカマンを股にはさまない。
一、「お水にしますか?それとも、お冷にしますか?」とお客様に聞かない。


手紙って、何て素敵なんだろうって思った。

僕が押入れから見つけたたくさんの手紙は、一生の宝物であり続けると思う。

過去の自分がそれを読んで、どう感じたか、その感情は今となっては思い出せないが、
その手紙たちは「今」も生きているんだって思った。

この袋に入っている全ての手紙が少なくとも6年以上昔のものだが、
2009年4月14日の自分にも、エネルギーとなって、降り注いでくる。

今の自分に向けたエールのような、それらが前にも増していとおしく思えてくる。


そう、手紙はパワーアップするんだ、って思った。


だから、自分は、マメな方じゃないけど、手紙はきちんと書きたいなって思った。
[PR]
by shuxaku | 2009-04-14 23:35 | +++ Diary +++
東京住人、新しいはじまり
5月から、また東京住人になります。

今度住む場所は、東京の下町・深川。

探しに探して見つけた場所は、とても素敵な部屋です。

東京の中でも千葉寄りなので、千葉の本社にもすぐ戻れるし、

オフィスがある銀座までもチャリンコで10分ちょい。

そして、半蔵門線「清澄白河」、東西線「門前仲町」も歩いて5分かからないので、
都内で夜遅くまで飲んでも、終電を気にしなくてよくなります(笑)

今度の部屋は、56平米の2DKで、川のほとりにあるマンション。

北西、南東側にベランダが2つあって、ベランダからは川沿いに続く桜並木を眺めながら、
まったりできます(笑)

友人の皆様、ちょっと昭和レトロ漂う、
風が吹き抜ける、わが部屋へいつでも遊びにいらしてください(笑)

歩いて、1分のところにはこんな素敵なカフェも・・・
Sacra Cafe 

今日、小松川公園で花見をしている時に知ったのですが、門前仲町住人は意外に多いらしく、かなり楽しみになってきました。


仕事も、また通いはじめたグロービスも、朝早起き生活で最高に楽しみながら
取り組んでいけるのを本当に嬉しく思います。
(最近、超早起き生活をしている人に出会いました。毎朝3時半に起きて、6時には出社、10時にはひと仕事終えてしまうという、ものすごい時間管理術。かなり刺激受けてます・・・笑)


今週末、ヒヤヒヤな出来事もありましたが、昨日も、今日も世代を超えて、素敵な人々に出会いました。



『幸福というものは、一人では決して味わえないものです』 
(ロシアの戯作家・アルブーゾフ)


本当に周囲には感謝の気持ちでいっぱいです。
これを機に、ますますワクワク計画を進めていきます♪


あ、窓の外で、カエルが鳴いてる(笑)
入ってくる風も気持ちいい。

春ですなぁ・・・。
[PR]
by shuxaku | 2009-04-12 22:38 | +++ Diary +++
春の訪れを味わう ~草津編~
b0069430_19494130.jpg



春の格好をして出かけた草津。

けど、車の外はそんな自分を後悔させるくらいの冬模様・・・。

はい、これは誰がなんと言おうと吹雪・・・。

3月半ばだというのに、外はマイナス気温で、

間違いなく、温泉がないとやってけない寒さ。


温泉を出ても、ちょっと散歩していると、またすぐに冷えてくるので、
近くの温泉へ逃げ込む(笑)

寒すぎて、走りたくなる。
というか、何回か草津の町中をダッシュしました(笑)

草津の素晴らしいところは、公衆浴場の入浴料が驚きの「0円」
しかも、泉質もすごく良くて、本当に嬉しくなってくる。

温泉をめぐって、散歩をして、お腹ぺこぺこの自分らを温かく迎えてくれたのが、今回の宿「香旬の宿 長楽」、小さな旅館だけど、とても気品があり、アットホームで、とても料理が美味しい旅館。

次々と部屋に運ばれてくる、和料理の品々。
味はもちろん、見た目から、本当にその手の込みように感嘆しっぱなし。

あまりにも美味しくて、華麗な料理を堪能しながら、ワクワクがとまらない。
そして、それがまた自分の料理とは次元が違いすぎて、なんだか余計に、創作意欲が掻き立てられる。

先付けの後は、ブリと地野菜と牛肉のしゃぶしゃぶから
b0069430_082592.jpg

それから次々と運ばれてくる創作料理たち・・・
b0069430_0114915.jpg

あまりにも繊細で、本当に感心するばかり。
b0069430_0113910.jpg

b0069430_012131.jpg

障子の中は、天婦羅だったのですが、うっかり撮り忘れた・・・(笑)
b0069430_0125110.jpg

b0069430_0131878.jpg


ふぅ、他にもメニューあったのですが、夢中で完全に撮り忘れてます。
本当に美味しかったです。
ごちそうさま。


晩ご飯の後、西の河原温泉という川をせき止めた野天風呂へ。
しかし、そこに向かっている最中、ブリザードに遭遇。

何度もくどいようですが、僕は春の格好です(笑)

雪が吹き荒れる、夜の林道の中で、こんなのありえないと叫び、爆笑。


今回の旅は1泊2日の旅で、かなり想定外の出来事にいろいろと見舞われたけど、それを楽しみに変えてしまう「心のゆとり」って、ものすごく大切だなって思った。

ってか、見方を変えれば、普通じゃないから楽しいじゃんって。


翌日、相方が漬物石が欲しいとのことで(笑)、帰り途中の河原で、漬物石用の石を探しに。

雲ひとつない青空の下で、石を拾ったり、河原で寝ころんだりして、ドライブ休憩。


それから予想外に、早く東京に帰り着いてしまったので、
なぜか代々木公園で本気フリスビーを・・・(笑)
[PR]
by shuxaku | 2009-03-30 23:57 | +++ Diary +++
あふれる人の熱いパワーを感じて
最近、中村天風さんの本を読んでいます。
彼は、こんな波乱万丈な人もなかなかいないんじゃないかって思うくらい壮絶な人生を歩んでいる。

彼は17歳で日露戦争のスパイとなり満州の野を駆け巡るが、30歳で結核を発病し、死の宣告を受ける。
その苦しみを取り除くために世界を放浪しながら、有名な医者や哲人を訪れるが、彼の悩みは解決にはいたらなかった。そんな時、エジプトで旅途中だったヨガの聖者に出会い、ヒマラヤの麓で修行をはじめる。

そこで彼はついに、感動の中で聖なる体験に到達する。
「宇宙には目的があり、その方向性と法則性の中に、人間は生きねばならいない」と。

そして、最終的には心身統一法を確立し、たくさんの人を幸せに生きるために生きた。
たくさんの弟子に囲まれて、昭和43年に亡くなった。享年92歳だった。

彼を師と崇めた人の中には、松下幸之助、稲盛和夫、永守重信といった世界を代表する経営者、その他、東郷平八郎、原敬、ロックフェラー3世、宇野千代、山本五十六 といった著名人が名を連ねる。

この著者に会うことは出来ないが、本を通して、その哲学を吟味して、自分の中に取り込んでいきたいと思う。

そして、それを幸せのエネルギーとして出していければと思う。




そう、著者といえば、最近あるイベントで、自分が影響を受けた本『君を幸せにする会社』の天野さんとお話する機会を頂いた。話をしたのは、2、3分だったが、その会話の中で自分にとって、確かな気付きを得た。
あとは、自分がどう考え、アウトプットしていくか、それがとても重要だ。



そして、今、自分がこんなにもいいパワーで仕事をして、幸せに生きることができ、周りの素敵な友人たち、同僚、家族、彼女には本当に感謝の気持ちでいっぱいになってます。

だから、今こそ、いや、これからもっともっと熱く動いて生きたいと、魂が叫んでる感じです。


今月、僕が尊敬する百姓、赤峰勝人さんの農業塾に行く予定です。
農業はもちろんだけど、赤峰さんの哲学を大いに感じてきたいと思います。


本当にありがとう。

どうしたらいいんだろう。

あふれる気持ちが抑えられません。


合言葉は、『Remove Mountains』【(山を動かすほどの)奇跡を起こせ!】
[PR]
by shuxaku | 2009-03-12 01:37 | +++ Diary +++