<   2005年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ふと考えた・・・。
『おお~、太陽が出てきそう!』

その誰かのひとことがきっかけで、僕ら7人は海岸に向かって走っていった。
みるみるうちに東の空が明るくなっていく。
やがて横に一筋の光が見えたかと思うと、
あっという間に、空と海の境の部分が輝き始めた。

『出たぞ~!』『出た~』『おお~っ』
そんな声がまわりから聞こえる。

そして、その次の瞬間、自分の周りは雄たけびをあげる怪しい集団になっていた・・・。


出てきたばかりの、年初めの神聖な太陽に向かって、

『お前を待ちわびてた~!!!』
『お前にぞっこん!』

本当に意味わからない。
けど、そんな言葉はあくまでも序章に過ぎなかった。
(これ以上はここでは控えます*自粛)

いったい太陽に向かって、自分の何をアピールしたいのか?
自分ですら、次の瞬間自分の口から出る言葉が予測できない。

まるでエサをもらった鯉のように、口をパクパクと太陽に向けている。
テンションが上がりまくってる。さっきまでの俺らは・・・?
と首をかしげたくなる。

それまでの自分らはというと、
冬の暗闇の中で、みんなしてどっしり流木に腰を下ろし、焚き火の火に手をかざし、
ビール片手に「なんで南国高知なのに、こんなに寒いんだよ~!」って頭の中で思っていた。

愚痴を言っていたわけではない。
皆それぞれ睡魔と闘っていたり、寒さと闘っていたり、お酒に飲まれていたり(?)で、
語らいながらも、皆ぐだ~~ってしてた。

それが、こうも変わるのかというくらいに顔が笑顔で満ちてる。
くだらない事ばっかりやって笑いをさらっていく。
『○○の初笑いゲット~!』とかいいながら。

そして記念写真を撮ることになって、僕が一時的に撮影指示の監督(?)に。
「写るんです」を持ってるカメラマン役の友人に、
太陽は手の先から出るようにね!!って念をおして。

b0069430_19471.jpg

その時撮った写真がコレ。
ええっ、あんなに念を押して、『きちんと手の先から太陽が出るようにしてよ!」
って言ったのに、太陽の位置ズレてるじゃん。
これじゃ、波動拳じゃないよ。

最近、写真を整理してるときに出てきた、この写真。
僕は大学の頃、正月に一度も実家に帰らなかった。
4年連続、その時住んでいた高知で初日の出を迎え、
この時はその最後の初日の出だった。

写真を見ながら、いろいろなことを思い出した。

そしてあらためて思った。時間を戻すことはできない。
ならば、その瞬間その瞬間、自分が後悔しないように生き続けたいって。
[PR]
by shuxaku | 2005-06-29 01:09 | +++ Memory +++
さがしもの
今、友人とある島に上陸しようという計画がある。
晩夏の時期に、しかも人間がいない島に。

いろいろな計画や準備の事を考えるだけで、なんだかワクワクしてくる。

そこで、一番大切な水の確保が問題になってくる。
島の周りに海はあるけれど、飲み水やちょっとした用に使う淡水の水の確保が
かなり厳しい状態。

そこで、考えているのは「海の水」を「淡水」(飲み水にも使える)にも変えることができるモノ。
サイズもコンパクトで、そういうものがないか、いろいろ探してるがなかなか見つからない。
過去にそういうものがあるって聞いたことはあるけど、今いざ必要になってそういうものを
探そうとすると、なかなか見つからない。

誰かそういう便利なものをご存知の方っていらっしゃいますか??
ブログでこういうものを探すのは、ちょい変ですけど(笑)、
けっこう真剣なんで、知ってたらヨロシクです。
どんな些細な情報、噂でもOKでございます!

このために体力をUPさせるべく、プチトレーニング開始中です。
今日は天気がとてもいいし、今抱えている編集の仕事を終えたら、
チャリンコ、ビアンキ君で旅たってきます!


b0069430_1051192.jpg

[PR]
by shuxaku | 2005-06-25 10:49 | +++ Diary +++
Music バトン~
ミュージックバトン!?なるものが、
Natural meetingのsoildanceさんヨガと私の養生記のmatha31さん
お二方からダブルで回ってきました!!

何だこりゃ、と最初は思ったのですが、5つの質問に答えて、
この輪を広げようというようなものらしいですね。
一番最初は誰が始めたんだろう・・・って気になるところです。

昔、小学生の頃にやっていた伝言ゲームってものを思い出します。
必ず途中で、コトバを微妙に変えていた、そんな天邪鬼な僕ですが、
もう大人になった!?ということで、今回はきちんとやります!(汗)

それでは、早速5つの質問に!

1・パソコンに入っている音楽ファイルの容量

普段、自分が使っているPCはノートとデスクトップの2種類があって、それぞれ音楽も
分散してしまっていますが、今使っているDELLのデスクトップの中には1.67GBです。
ipod photoにはもっともっと入るから、もうちょっと入れないとな~。

2.今聴いている曲

ビリー・ジョエルの『HONESTY』
銀座のストリートでこの曲をサックスで吹く人を見て、感動。
サックスを真剣に始めようかと思いました。
(結局は・・・)


3.最後に買った音楽CD

aminの『おなじ空の下』
レンタルばっかりだから、思い出すのに時間がかかったけど、思い出しました。
上海から戻ってきた直後に買ったアルバムです。
彼女は上海生まれで、日本ではサントリーのウーロン茶のCMの歌で知られています。
中国語の独特の発音がいい感じです。これを聞くとまた上海に行きたくなる。。。


4.良く聴く曲、または特別な思い入れのある曲5曲

①ベッド・ミドラーの『ROSE』

 聞けば、あ~~って人もいると思います。映画『思ひ出ぽろぽろ』のラストで都はるみが
 カバーしてる、名曲です。映像の学校に行っている時に、自分が初めて作った1分の映像
に、この音楽をBGMに使いました。とても切なくなる1曲。


②オフスプリングの『PrettyFly』
 大学3年、学園祭の後夜祭のトリのステージで、自分らがこの曲を演奏して、
 乱れました。。。ベースを弾いていた、僕は感電しました。(笑)
いやっ、笑い事じゃなかったです。。。

 毎日のようにサークルの練習室で半裸状態で、オフスプリング(ジャンル:メロコア)の
 コピーばかりやっていた大学の頃を思い出す。
 後夜祭、客の中に突っ込んでいった、僕らのボーカルがなかなかステージに戻って
 これず、大爆笑の思い出がつまった1曲。
 

③バンプオブチキンの『天体観測』

 僕が生涯で一番好きなドラマの主題歌。
 ワクワクして、夏の夜、空に飛び出したくなる。
 キャンプの夜に、星空の下、仲間と。。。
  

④范逸臣の『I believe』

  韓国映画『猟奇的な彼女』の主題歌、中国語カバーバージョン。
 上海大学の学生寮、4Fの端っこにある、日当たりが良すぎる部屋でよく聞いていた。
 一年前のちょうど今くらいの時期で、あの頃の日々が走馬灯のように頭の中で
 フラッシュバックされる。自分にとっては上海の匂いを思い出す1曲。


⑤ドビッシーの『アラベスク』

 昔、自分の家の一階が母が教えるピアノ教室で、よく聞こえてきた。
 今でも聞くと、なんだかわからないけど、心が震える曲。
 岩井俊二の映画『リリィシュシュのすべて』でも使われてます。


5.バトンを渡す5人の方

パドマな感じがイイのnakako-bsさん
Be Airly...のchio-ringo さん
Love and lights のmanihouju さん
LuLu★日和のluana-luanaさん
☆★SNOW DROP ★☆ のkuroe_guriguriさん

この方々にバトンを渡したいと思います。
もし気が向いたら、やってみてくださいね!

最近は梅雨らしく雨が多いけど、こんな日は好きな曲をじっくり聴いてみるのもいいですね。
梅雨が明けたら、夏フェスがやってくる!!
[PR]
by shuxaku | 2005-06-23 22:22 | +++ Favorite +++
LOHAS
ここ最近この言葉をよく聞く。
今年の初めまで上海に住んでいた時は知らなかった言葉だったから、
知ったのはそれ以降ということになる。

一番最初にこの言葉を知ったのはどこでだろう・・・。

この「LOHAS」という言葉を今日初めて知った人のために、
ちょこっとマメ知識を。

日本語ではロハス、ローハスとも言い、アメリカの学者が
「Life style Of Health And Sustainability」の頭文字をつなげて作った造語のこと。
このSustainability(サステイナビリティ)というのは持続可能性という意味で、全体を
日本語にすると『自分と社会が健康であることを心がける暮らし』 (*参考 日経マガジン)
という意味になる。

最近、雑誌、イベントでもよくこの言葉を見かけるし、ハウスメーカーや外食産業などの商業広告でも、この言葉を頻繁に見かけるようになってきた。

一番の懸念は、この言葉がブームで終わってしまわないことだ。
最近、クールビズと共にチーム・マイナス6%というプロジェクトも認知され始めてきて、これに参加する企業も増えてきた。

まあいろいろ考えるべき側面も残ってはいるが、このチームマイナスに参加する人が増えれば、少しは変わっていくかもしれない。自分もチーム一員として出来る事を、前向きに前向きに進んで、僕は自分なりにいろいろなプロジェクトを進行させていこう。
もちろん、楽しみながらね!

b0069430_0124747.jpg


(注)この写真は、『キャンドルナイト IN チベット』(停電のため・・・勝手に命名)の模様で、
今回のキャンドルナイトではありません・・・。
まぎらわしくて、すみません(笑)
[PR]
by shuxaku | 2005-06-20 22:24 | +++ Life +++
あのチベットから半年・・・
『シューー』

自分の名前を叫ぶ声が聞こえた。
心の中で「んっ」と思ったが、こんなところで、俺の事を呼ぶ人がいるわけがない。

そのまま山を上り続けようとした、その時。
またしても、
『シューーーっ』
って、叫ぶ男の声が聞こえた。こんなとこで誰だろう・・・。
さすがに振り返って、声の主を探した。

ちょうどその時、僕はチベットの省都・ラサ郊外のガンデン寺がある山を登っていた。ラサからここまでやってきた40人乗りのバスの中で外国人は韓国人の女の子2人と僕1人だけで、
それ以外は全員チベット人。彼らは巡礼のためにこの地にやってきていた。
標高4500mを超える高地にある小さな村で、まわりはチベット人しかいない。
いったい誰が俺の名を叫んだんだろう。


振り返って下を見下ろすと、両手の頭の上で躍らせて、
3度目の『しゅー』を叫ぶ男を見つけた。
「あっ・・・・、Ohh~~、WHY~~~??」と俺も声を張り上げながら、山を駆け下りた。

彼はその前日、ラサの食堂で一緒に食事して仲良くなった韓国人Aだった。
たまたま同じ宿のドミトリーで仲良くなったとか、バスで出会ったとか、旅で出会ったメンバーでひとつのテーブルを囲い、韓国式焼肉と焼酎をたらふく食べていたのだ。その場は6カ国、10人のメンバーがいて、彼はそのうちの一人だった。

その時、彼は明日は「鳥葬」に行って来ると言っていて、俺は明日一人でガンデン寺に行ってくるからお別れだな!と握手をしていたのだ。

その彼が今、このガンデンにいるってことがあまりにも不思議で、
なんでいるんだよ~とかそんな話をしていた。

その時、彼の隣にいた赤い服を着た女性が
俺が首からぶら下げていたカメラを目ざとく見て、英語で「カメラ好きなの?」って
声をかけてきた。「YES,ってか ARE YOU JAPANESE?」って俺が聞くと、
相手は思った通り日本人だった。思わず、笑いがもれた。
彼らと軽く情報交換をした。彼女や韓国人Aら4、5人でジープをチャーターして鳥葬に行ってきた帰りにたまたまここに立ち寄ったそうだ。

またお互いに行き先が異なるから、バイバイをした。

その数日後、大晦日の日、ラサから成都に向かう飛行機の待合室で、例の赤い服を着た女性、uccheeさんに再会した。成都についてからも、uccheeさんとは同じ宿で、他のたくさんの旅人とそれぞれの旅を語り合った。

最近彼女のブログを見て、忘れていたチベットへの思いがめらめらと燃えてきた。

またチベットに行きたくなってきた。
そして、久しぶりに自分の過去の記事を読んで、あの時はこういう風に感じていたんだなぁ、ってその時の自分の思っていたことを文章を通して思い出した。


それにしても、恐ろしく寒いところだった。
乾燥している上に、あの寒さ、本当に肌が切れるんじゃないかと思った。

b0069430_132046.jpg


水道管から漏れた水がこんな状態に・・・・。
[PR]
by shuxaku | 2005-06-18 01:05 | +++ Travel +++
日曜日の新聞に
「スローライフに返ろう」

この言葉がまさか日経新聞にでかでかと載るとは思わなかった。

「効率重視、スピード優先の生活から、ゆったりとした充実した暮らし方に変えていこうという
スローライフ運動が全国的に広がっている」とまで書いてある。

スローライフ系の雑誌に書いてあるなら、わかる。

まさか、この言葉が、全国レベルで認知されていたなんて。。。
しかも静岡県掛川市は『スローライフシティ宣言』となるものまでしてるらしい。

ほんま信じられへん。。。(エセですいません)


もう間もなく夏至がやってくる。
キャンドルの光で、たまにはゆったり時を過ごすのもいいかもしれない。
b0069430_0225073.jpg

[PR]
by shuxaku | 2005-06-14 00:20 | +++ Life +++
いま、飲みにゆきます
午前9時すぎ。ベッドからよろよろと這い出て、部屋の窓を全て開けた。
隣のテニスコートからボールを打つ音と共に、生温かい風が部屋の風鈴を鳴らしていく。

昨日飲んだアルコールが体に残ったままの独特のダルさを、シャワーで洗い落としていくと
頭がだんだんすっきりしてきた。バスタオルで頭をごしごし拭いて、Tシャツとジーンズを穿いて、外に出る。今年初めて履いたビーチサンダルの感覚がとても心地よい。

歩きながら、昨日の晩のことを思い出していた。

昨晩は高校時代の部活のメンバーで集まった。集まったのは六人。
皆に会うのは一年以上ぶりで、中には友人の結婚式以来久しぶりに会う友人もいた。
僕らが部活をやっていた10年前の時の思い出話から、最近の話まで。
このメンバーは結婚率が非常に高く、なんだか不思議な感覚になる。
高校の友人以外で、自分の周りで結婚している友人はとても少ないからだ。

皆、あの頃と根本的には何も変わっていないのに、確実にあの頃とは何かが違う。
それは悪い意味じゃなくて、そういう次元の話ではなくて・・・、
なんと言ったらいいのだろう。

そこにはなんだか不思議な安心感があった。
歩きながら、そんなことを考えていた。


歩いているうちに、体のアルコールは抜けていった。

今から、下北沢へ。
今日も飲みにゆきます。
[PR]
by shuxaku | 2005-06-12 12:22 | +++ Memory +++
インプット&アウトプット
b0069430_14333100.jpg『インプット』自分流に定義したら、それは「自分の体の中に入ってきたモノ」。本で読んだ事、人から聞いた事、講義を受けて学んだこと、などなど。

そしてそれを自分の中で消化して、何らかの形で外に吐き出すことを『アウトプット』

この考えは、ずっと僕の中にあるものだった。

このインプットとアウトプットのバランスを取る事が、自分には必要と考えていた。






いろいろな業界の人から、おもしろく、ためになる話を聞いて、刺激を受け、
もっと成長をしたいと思うために、いろいろな自己啓発の本を読んで、刺激を受け、
常に学んでいたいという思いから、いろいろな場に参加して、刺激を受け、

ただ、それらの刺激は自分の中で時と共に小さくなっていき、
いつの間にか、日々の忙しさに翻弄され、忘れてしまっていた。
また、覚えていたとしても、自分の頭の中に留まっているだけだった。
それを生かし切れないという、もどかしい思いだけが、募るだけだった。

これじゃいけない、何とかして、自分の思っていること、考えいることを、外に出して
実際の行動につなげていこう。

ある時から、手帳、ブログというツールを使って、自分の頭の中を整理し始めた。
それは自分の中でひとつのアウトプットだった。

アウトプットする時になって初めて、今まで考えていたものを深く掘り下げ、
今の自分に足りないものをはっきり感じた。

ただ、そこには不安感とか暗いものよりも、安心感の方が大きかった。
変な話、今まで栄養のあるものをたくさん食べていたけど、全て胃や腸でストップしていて、
それらは全て体の栄養、細胞となっていなかった。
けど、やっとそれら(?)を外界に出せたときの安心感というか(笑)、
まあ例えが変だけど、ほんとにそんな感じ。

最近つくづくブログをやっていてよかったと思うことがいろいろあった。
例えば、先日参加した『四街道メダカの会』の代表の方から直接連絡あって、
このブログに載せている記事をメーリングリストに転載して頂いただけでなく、
事務局長の方からはメダカ新聞の原稿依頼の話まで頂いた。
正直、こういう話もこのブログがあったからだと思う。

それとはまた別にリンク先の素晴らしいブログを運営している人たちもこのブログを通して
出会ったり、またある時は、たまたまここにたどり着いた方から直接メールを頂いたり。

アウトプットは一人だけじゃできないからこそ、この場があって良かった、
そう思う今日この頃。。。

静かな夜のつぶやきです。
[PR]
by shuxaku | 2005-06-09 01:27 | +++ Life +++
今夜台湾食堂で会いましょう。
b0069430_2345311.jpg台湾から戻ってきました。
8ヶ月ぶりに行った台湾はやっぱり味のある
魅力的なところ。

今回はタイトなスケジュールだったから観光めぐりは一切できなかったけど、
美味しいものにはたくさんありつけました。。。
しかも食事は全てご馳走してもらって、送り迎えも高級車で、なんだか『にわかセレブ』の気分。

出張のメインである海外との新規取引打ち合わせも、好感触で、エネルギッシュな彼らのパワーまで頂いて、日本に戻ってきました。あと、いろいろな縁が重なって、台湾の国会議員とも名刺交換という、すごい事態まで発生する始末。今回は自分一人だけの出張で、こんな日本のノーネクタイ(クールビズ!?)の若造が、いろいろな社長さんとお話できる機会はめったにないことで、とても有意義な時間でした。

台湾最終日、前から取引のあった会社の海外営業窓口のモニカと一緒にランチの約束。
1時間遅れで待ち合わせのホテルのロビーに現れたモニカとタクシーに乗ると、すでに
チワワ2匹の先客。打ち合わせなのに、モニカの愛犬まで一緒だとは。
タクシー移動中、俺の膝の上で暴れまわって、スーツは毛だらけ・・・。


b0069430_23522288.jpgb0069430_23562498.jpg







左の彼はこの後、大問題を起こすやんちゃ坊主「ポン太」
なんで君らはカメラ目線なの?


カフェで軽く打ち合わせ後、連れられていったのはペットレストラン。
少しだけ、ある予感がしていたけど、「まさかそんな事ないよな・・・」

食事に夢中になっている俺を見て、店員が笑っている。

嫌な予感・・・。

「うげっ、予感通りの展開」
俺の椅子の脇に置いたスーツケースに片足をあげていた「ポン太」。
その部分だけ、黒くシミになって、その液体が縄張りを主張していた。
「アイヤ~」
店内は爆笑の渦。被害者である僕にとっては、ちっとも笑い事じゃないんですけど・・・。

そんなハプニングもありつつ、あっという間の台湾タイムが終わった。

東京に戻る飛行機の中で航空会社のCMが流れている。
志村けんが市場の中の食堂で座った隣に金城武がニコニコしながら座っている。

『今夜台湾食堂で会いましょう』というテロップが流れた。

このCM、うまくできてる。また行きたくなってきた・・・。

b0069430_926154.gif

[PR]
by shuxaku | 2005-06-06 23:39 | +++ Travel +++