<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ヌルマユから躍り出せ!
土曜日。外は雪がしんしん降る、寒い冬の朝。
部屋の中にもかかわらず、吐き出した自分の息は白く染まる。


今朝、ベッドの中でこんなことを考えていた。

自分の目の前に1本の階段がある。
その階段の先は、果てしなく、遠い空の向こうまで続いている。
雲よりもずっとずっと上まで続いている。

その階段の途中途中にいつくか踊り場があって、
それぞれの踊り場の、そのちょっとしたスペースには風呂が置いてある。

今の自分は階段の一番下にあるお風呂の中でお湯につかっている。
そして遥か上のほうを眺めながら、「ふーっ」次の風呂まで、あんなに遠くまで
階段を駆け登らないといけないのか。

心の中では、上を目指したいという思いと今の快適さを捨てられない惰性が葛藤となり、
バチバチと火花を散らしている。

そうこうしているうちに、浸かっているお湯がだんだんと冷たくなってくる。

勇気を振り絞って「えいっ」と外界に躍り出し、裸のまま階段を走って、駆け登る。
疲れたらたまにゆっくり歩いて、一歩ずつ一歩ずつ確実に上を目指す。
後ろは振り返らない。

その一瞬一瞬を精一杯生きようとしているから。
今の自分にできる最大のことをしているから。

次の風呂までやっとたどり着いた。
温かいお風呂につかった。
「ふーっ」安堵のため息をつきながら、成長した自分に喜ぶ。

けれど、まだまだ満足はできない。
進むべき自分の階段はまだまだ上まで続いているのだから。

またお風呂がだんだんぬるくなってきた。
さっきより少しだけ成長しても、相変わらず心の中では葛藤が蠢いている。

風呂のお湯が冷たくなる前にまた飛び出し、上へ向かっていく。
さっきより上にいるせいか、少しだけ風が強くなっている。

風に足元をすくわれ、階段から落ちないよう、
しっかりしっかりと地に足をつけて、上へ向かっていく。

ますます風は強くなってきたが、
確かにゆっくり、ゆっくりと、光に近づいてきている。


そこまで考えたどり着いた瞬間、暖かいベッドの中から起き上がり、
寒い部屋へ飛び出した。

今の自分にはやるべきことがたくさんある。
それだけでも、十分に幸せなんだ。

また今日も新しい一日がはじまる。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-21 09:01 | +++ Life +++
更新が・・・。
なんだかご無沙汰してしまってます。

台湾では、世界で一番高いビルに登って、台湾料理屋で食べて、夜市行って・・・。
その次の日も故宮博物館行って、予約しておいた台湾一有名な行列のできる小龍包屋で、舌鼓を打って、歩きつかれた時にマッサージ。夜は広東料理の接待を受けました。

と、すっごく楽しい充実した日々を送っていたのですが、
日本に帰った瞬間、仕事のメールが恐ろしいくらい溜まっていました。
そして今週は編集作業に、都内での打ち合わせに奔走しています(笑)

そして・・・
話が進んでいたプロジェクトがほぼ同時に注文が入り、
今も毎日嬉しい悲鳴状態です。

今月末からたった5週間の期間で、86種類ものDVDをそれぞれ2000枚ずつ制作する仕事が
確定になり、自分はそのプロジェクトのDVD制作監督として、動かないといけないため、
来月はほぼそのプロジェクトにつきっきり。

1種類のDVDオーサリング作業に大体4~6時間かかるので、純粋に考えて、それだけでもどんなに早くやっても344時間くらいかかる計算。もちろんそれはあくまで、トラブルがない事を想定した、机上の理論に過ぎないのだけど。

まあ、そんなことはどうでもいいや。

この機会を頂けたことに感謝、そして喜んで頂けるよう気合をいれていきます。
大きな壁であるけれど、これを越えたら、またひとつ大きくなれると思うので、頑張ります。

このブログの更新頻度はあまり多くないと思いますが、ブログ自体は続けるつもりなので、
暇なときにふら~っと遊びに来てくれたら幸いです。

このプロジェクトが終わるのは春。
春になったら、どこか日帰り旅行でも行きます(笑)
あっ、次は韓国もいいな・・・。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-19 23:56 | +++ Diary +++
突然ですが・・・
明日から台湾行って来ます。

今までも台湾には何回か出張で行っていたのだが、その時は一人か二人。
けど、今回は今までと違って『社員旅行』ということで、会社の皆さんと行って来ます。
家族同伴OKということもあり、上は60代から下は幼稚園生と、幅広い層を連れて、
自分は半分ツアーコンダクターとなり、現地を案内。(できるのかな・・・)

今まで海外旅行というとバックパックかついで、行き先分からぬ乗り合いバス乗って、ドミトリーに泊まって、ひとり気ままに動くことが多かったけど、今回は当然ながらそんな事は許されません(笑)

あらかじめレストランを予約して、旅行代理店に何度も足を運び、
自社用しおりを作ったり、ルートを決めたり。。。

「先生おやつは300円以内ですか?」

(台湾で300円あれば充分過ぎるほど、お菓子買えます!)

「バナナはおやつに入りますか?」

(検疫で捕まる可能性ありますけど、それでよければ・・・・)

と「旅行のしおり」お約束の質問にはマジメに答えて、
今ここで、悠長にブログ書いてます。

けど、、、

旅行の準備な~んもしてないんですよね。。。


ふ~っ、真冬の夜は冷えますねぇ。

千葉なのに、昨日、マイナス6℃を記録した我が部屋・・・。

もう台湾に逃亡します。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-12 01:51 | +++ Diary +++
人体に関する未知の可能性 
6日金曜日、午後7時。渋谷・明治通り。

僕はある医者と話込んでいた。気づいたら、1時間以上も話していた。
彼が話すことは、自分にとっては知らないことばかり。
だけど、それらの言葉のひとつひとつが自分の細胞に吸い込まれていくようだった。

キッカケは、僕の仕事が映像に関わることだった事から始まる。

音には人間に聴こえる音と聴こえない音がある。
一般的に20Hzから20,000Hz(20KHz)の間の音は可聴音域と言われ、人間に聞こえる音。それに対して、非可聴音域の20Hz以下は低周波、20,000Hz以上は超音波といわれる。

ちなみに犬の可聴音域は15Hzから50,000Hz、
イルカは上限150,000Hzもの音域で会話をしているそうだ。

話はこれらを前提として始まる。

人間の一般的な聴覚では20,000Hz以上は聴こえないとされる非可聴音域の音も、
耳では捕らえられないが、人間の脳はきちんとこの音波を感知してるそうだ。
(50,000Hzまでなら潜在意識下で人間は感知できるという説もある)

可聴音域の音を非可聴音域化にすることにより、無音だから我々には何も聴こえない。
ただ脳はその音をきちんと感知しているという風に仮定した場合、
『洗脳』ができてしまうそうだ。

洗脳というと、なにやら宗教やら、悪い事にも使うという先入観が強いが、これにより病気にならない細胞、お金持ちになる細胞、天才になる細胞を作りだせるそうだ。

例えば、洗脳により『自分は金持ちである』というメッセージが自分の意識内に植え付けられた場合(それに対しての不安・疑いもない状態)、その人が持っていた波動に変化が生じ、遺伝子レベルの情報の塗り替えが起こり、その人は本当にお金持ちになるというのだ。
医療の場合、病気にならない体を作り出すことが可能になるそうだ。
『病は気から』で考えると、「気」の部分で自分は病気にならないと思い込んでいるから、
病気にならない、というものに近いのかもしれない。

納得できる部分もあるが、あまりにもその話が出来すぎてるんじゃないですか?
という僕の質問に対して、この事実は最先端の科学で証明されているということだった。

彼は医者だが、薬やメスを一切使わない方法で、数々の実績をあげてきているだけに、
その話を信憑性はあるのかもしれない。


午後8時半。恵比寿のカフェ。

取引先の編集プロダクションの方と新規DVD制作に関する打ち合わせをしている最中、
さっき聞いたばかりの話をしてみた。

音を非可聴音域まで上げて、CD化することは可能なのか?

技術的にはできるだろうが、検査確認手段がないため、難しいだろう。
ただ、やはり一番懸念していたは、僕が考えていたものと同様に、
人間に聴こえない音の内容に、別の洗脳プログラムが組み込まれていても
人間の耳で確認することができないために、
大きな危険が存在している可能性があるということ。

人間でもまだまだ解明できない人体の可能性、
聞いた話のほんの一部しか書いていないが、
また続きは次にしようと思う。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-09 14:12 | +++ Diary +++
自分の手でつくること
地に足のついた生活をすること。
無茶はしないけど、自分が好きなことなら、やれるところまで、
そして正しいと思うところまで、やってみること。

その過程で、思い望むものを自分の手から生み出すこと。
これにこだわる一年にしようと思う。

好きな事、それは仕事でも、趣味でも、今の自分の生活に必要なものである。
だからこそ、その成果、結果を作り出すことにこだわっていく。

これが今年の自分テーマ。


今自分が住んでいる平屋は10畳ちょっとのリビングと6畳の寝室からなる。
3年ほど前、この部屋に引っ越してきたとき、6畳のスペースは完全な和室だった。
別に和室が嫌いなわけじゃなかったけど、抹茶色の壁が嫌で、1ヶ月ほどかけて、
壁を白い珪藻土に塗り替えた。

真夏の作業で、エアコンもないから、本当に暑かったけど、出来上がった部屋は
明るい部屋に生まれ変わった。

b0069430_142515.jpgベットの上で建築雑誌を眺めながら、将来住むならやっぱり白い珪藻土の壁に、床は木のフローリングがいいなと、思いをふくらませる。

自分が生まれるよりもずっと遠い昔に死んでいったプランクトンたちが堆積した海底の土が、珪藻土の壁材として、今ここで呼吸をしている。

この珪藻土に囲まれたこのちっぽけな部屋の木製デスクの上で、同じように呼吸をしながら、
ブログを更新する自分。

相変わらずの調子だけど(笑)、2006年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by shuxaku | 2006-01-05 01:38 | +++ Life +++