<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『青春満喫イチゴ狩ツアー①』(前編)
『なにこれっ、マジ美味いんだけど!』

こんなに美味い、お好み焼きは久しぶりだった。
いや、雰囲気もあわせると、こんなに美味いお好み焼きは初めてかもしれない。

皆、口々に『美味い、美味い』言って、口に運びこんでいる。
一口食べては、顔を見合わせて、『やばい、これ!』と、はしゃぐ自分。
周りを見渡すと、たくさんの笑顔があふれてる。

こんなにたくさんの笑顔を、同時に目の当たりにすると、
どうしようもないくらいの嬉しさがこみ上げてくる。


3月25日土曜日。午後9時過ぎ。
場所は千葉・南房総の三芳村。
小高い丘の上にある一軒のログハウスの中では、20代の10人が2台のホットプレートを
取り囲んで、目の前の『手作りお好み焼き』に夢中になっていた。


時を少し戻して、2月の中旬。
大阪の居酒屋で、大学時代の友人と飲んでいたときのこと。

『ねぇ、今度さ、千葉でイチゴ狩りツアーやらん?』と、多少ほろ酔いながらも、
確かな気持ちで持ちかけてみた。そうすると、思ったより反応が良かった。

『マジで千葉まで来るの?』とか内心思いつつも、それならと、
すぐにその場で日程を決めたのだった。

そして、3月25日昼頃。
いざ当日集まったメンバーは最初7人。
3人は高知大の同級生、その同級生Mの元職場友達1人、そして自分の高校時代の同級生2人。この男4人、女3人というメンバーで車2台に分乗して、千葉の最南端へ向かった。

青空の下、海で遊んだり、お茶したり、スーパーでたくさんの食料をわいわい言いながら買出しして、夕方、宿泊地である三芳村の『ファームイン南房総』へ。

この三芳村は、最近合併して、南房総市と名を変えたが、それまでは千葉県で
一番人口が少ない純農村。有機農業従事者が多いことでも知られるところだ。
なによりも驚きが、村に信号機が1つしかないこと。
自分が住む同じ千葉でも、こんなところがあるとは知らなかった。

そこの農業体験者用宿泊施設ということで、建てられたのが、今回の宿泊地なのだが、
2階建て(ロフト)で、台所つき。
冷蔵庫、コンロ、電子レンジ、炊飯器、食器などといたれりつくせり。

最初、車を運転しながら、前方の小山の上に建つこのログハウスが見えた時、胸おどらせな
がらも、『どこが山の頂上への入口かわかんねーよ』と車を行ったり来たりさせていた。

えいっ、と入り込んだ恐ろしく狭い急な登り坂を上り詰めたそこには予想よりも立派なログハウスがあった。ひとり、裏手に回りこみ、庭に出ると、そこからは、村が一望できた。

夕暮れ時のオレンジ色の空の下、、畑の中にぽつんぽつんと点在する家からは温かい光がもれている。そしてその脇の曲がりくねった道路には、都会に比べると極端に少ない街灯の白い光がやけに目だって、その存在を主張していた。
耳をすませると、虫の鳴き声の中にカエルの鳴き声。時折、犬の鳴き声が遠くから聞こえる。
静かに流れる、日本の優しい時間。

もうすぐ僕らの楽しい夜が始まる。                  つづく。
[PR]
by shuxaku | 2006-03-30 01:22 | +++ Travel +++
めぐる季節。
人がどんな感情の中に生きていようが、

確実に太陽は東から昇り、西へ沈んでいく。


夕暮れの刻、僕は疲れた手と目を休め、外に出て、一回大きな息を吸って、

空を見上げる。そんな日々の繰り返し。



そして、ふと気づいてみれば、季節は春になろうとしていた。

風が運んでくる匂いは、冬のそれとは違って、懐かしい温かみを感じる。



冬の間の僕は、まるで冬眠中の熊のように、外で出て行くことが極端に減る。

その穴蔵の中で、こうしよう、あれしようと、いろいろ物思いにふける。

冬は考え事をするにはうってつけの季節なのかもしれない。




春が近づき、ようやく腰を上げた、



去年末に、開墾した畑を、再び耕し、川の字のように畝を作った。

ただ、素人の自分が初めての鍬を使って、作っているのだから、どこか儚げにも見える。


今の自分の畑には、キャベツ、トマト、かぶ、大根、ブロッコリー、ニラ、シソ、ハーブ類、

そして妹がネパールから持ち帰った、とうもろこしの種が土の中に埋められている。


化学肥料も何も使わず、自然界に存在するものだけで、作ろうとしている食べ物。

うまく収穫できたときのことを想像するとワクワクしてくる。


自分が撒いた種は、野菜の種だが、それがもし、皆の「笑顔の種」になったら、最高だ。

「はた(傍)」のひとを「らく(楽)」させるために、「はたらく」。

これが正しいのなら、新しい「はたらく」定義が自分の中に生まれるかもしれない。


たとえ季節は変わっても、変わらない人間の想いもある。
[PR]
by shuxaku | 2006-03-24 01:09 | +++ Season +++
書かずにいられなかった。
木曜日、午後2時過ぎ。
暦では春だというのに、小雨ぱらつく肌寒い日だった。

昼過ぎのこの時間は一日の中でも一番忙しい時間。
出来上がった商品の出荷確認、発送準備と共に、制作も同時進行、しかも電話も多く、
まさにその時もクライアントと電話で打ち合わせ確認をしていてBUSYTIME真っ只中。

電話中の僕がいる編集室に社員のNさんが現れ、目で合図をしてきた。
そして彼女がその場で書いたメモを見ると、「○○さんが、おみそです」と書いてある。

電話中に噴出しそうになった。多分、おみえです、と書こうとしたのだろう。
そう読めなくもないが、『おみそです』と読んでしまった自分の脳みそは、笑いに耐えて
とろけそうになっていた。真剣で、なおかつ笑いが許されない環境で、耐えないといけない
笑いほどキツイものもない。

電話は長引きそうだから、また掛け直すことを伝え、あわてて○○さんが待つ受付に向かった。
向かってる途中、また『おみそです』という言葉が浮かんできたのだが、その回想が瞬間的に妄想へと変わり『おすぎです』という言葉まで思いついて、ニヤケそうな自分がいる。


待っていたのは、例のA社のN専務。先日、僕にお見合いの話を持ってきた大のお得意様。
一体何の用だろうと思いながら、近距離で向かい合わせに座ってひと通りの世間話を済ませると、手元の大きな封筒からおもむろに資料を取り出した。

その瞬間で全てを悟った。
まだ中の書類を見たわけでもないが、彼が封筒の中に手を入れた瞬間に全てがわかった。
僕にとっては初めての体験だったが・・・。

そう、まぎれもなくお見合い相手の資料だった。
この前断ったつもりだったが、それを遠慮と取られてしまったのかもしれない。
一瞬ひるんで、好奇心から相手のプロフィールをじっくり読んでしまいそうな自分もいた。
写真も2枚ほど付いていたし。

だが、同時にそういった行動を自分は取るべきでないと感じていた。
相手のプロフィールを見て、自分が気に食わないから断るのだという風に、
誤解されたくなかったから。
テーブルの上に置かれたプロフィールはほとんど見ないまま、N専務を見て、自分の今の気持ちを正直に伝えた。今の自分はまだ結婚は考えられないこと、自分がこれから背負っていくべきもののこと、現状自分が抱えている危機感のことをゆっくりおだやかな気持ちで話した。

こういった機会を頂けたことはとても感謝しているし、自分を1人の人間として認めてくれてるようで嬉しかったが、今の自分にはどうしても受け容れられない事だった。
お見合いが悪いとは全然思わないが、自分に正直に生きようと決めたからには、
そうやって生きたいから。

今の自分の周りには素晴らしい友人達がいて、職場があって、家族がいる。
こういう環境があるからこそ、自分の軸を作っていける。

昨日の自分より今日の自分は成長できたと感じられる一日を
ひとつひとつ積み重ねていこう。これからもずっと。

『一生青春、一生勉強』

夜に書く文章ってのは、なんでこんなにクサイことも書けるんだろう。
朝の自分が見たら、きっと驚くだろうに。。。
[PR]
by shuxaku | 2006-03-11 01:24 | +++ Diary +++