<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
日々所感。
どうやったら人間は成長できるんだろう、と考えることがある。

もちろん人間によって、いろいろな成長のカタチがあるんだろうけど、
自分にとっての成長は何だろう。

「苦手意識があるもの」を「得意なこと」に。
「自分の性格・行動の弱点・特性」を「カバーする方法」を見つけ出すこと。

これも、ひとつの成長のカタチかなと思う。


「自分の性格・行動の弱点・特性」を「カバーする方法」
例えば、来週までに仕上げなければいけない課題があるとする。

それを休日にやろうとした場合、自分がダメなパターンに陥るのが、たいてい部屋にいるときである。部屋の中にいると、いろいろな誘惑や日常があって、インターネット、本、料理、掃除と優先順位なんか関係なく、そちらに行ってしまう可能性が高い。
これは、自分でもわかっている、自分の改善すべき部分のひとつ。

そういう自分の行動を制するために、カフェや図書館に行くことで、そういう誘惑からシャットアウトされ、集中して課題に取り組むことができる。

そうして集中して課題に取り組んでいる過程で、課題の中で、とある壁にぶつかることがある。その場では、どうしようも出来ない、解決できない問題だった場合は、しょうがないから後回しにするのだが、この後回しが自分にとっては厄介なことが多い。
結局、追い込まれるまで、それを放置しておくことがあるからだ。

特に、勢いに乗って仕事を進めている状態から一度してペースダウンして、2,3日何もしないと、またそのレールにジャンプアップするまでに、かなりの助走を要することが多い。

そんな助走時に一番最初に「放置されたまんまの厄介なこと」を取り組まないといけないんだと思った時点で自分でも嫌になるくらい、それを回避したくなる。
一番最初に嫌なことを終らせたら、後が楽だとわかってはいるんだけどね。。。

だからそんな時は、2,3日という放置時間を自分に与えないで、一気に完成まで仕上げてしまった方が自分の性にあっているのだろうと思う。
周りに合わせて、休みをとると、後々ろくなことにならないということがわかっているだけに、その自分の厄介な癖(行動パターン)を見越して、仕事を前倒しでやっていくのが一番楽に、ストレスを最小限に抑えて、進行できるのかなと思う。

こんな一例だけでも、自分なりの行動特性があるわけで、それは全てに通じるものでもあると思う。自分でも気づいていない自分の癖やパターンを把握して、自分の弱い部分、苦手な部分を解決・対策をしていって、そのための行動、プロセスが、次なる成長への一歩を開いてくれるんだろう。

そして苦手なことを苦手じゃなくする、ではなくて、苦手なことを得意にする、この気持ちで、リストアップされた(笑)苦手意識のあることを、楽しみながら、時々ムチを打ちながら、前に、前に、明るい気持ちで進んでいきたいと思う。

すべては一度きりの人生のために。
[PR]
by shuxaku | 2007-09-27 00:09 | +++ Diary +++
スクールメイトな一日、夢の花を咲かせよう。
3連休のある一日、たくさんの同級生に会った。



予備校時代の同級生と・・・。

千葉・正午過ぎ。
大学受験の頃、同じ予備校で成績を競いあったライバルであり、
よき話相手でもあった仲間と3人で、マザームーンカフェのソファでランチをした。

もうあれから10年が経ったんだという現実が信じられない。
あの頃、毎日勉強漬けの生活だったんだけど、夢があったから、今思えばすごく楽しかった。いや、つらかったけど、いい時期だったとはっきり思える。

今、住んでいるところ、仕事もバラバラだけど、彼らの成長意欲はすごく刺激になる。
自分も、もっともっと勉強して、夢に確実に一歩一歩近づける道を歩もう、
忘れていた何かを思い出させてくれた彼らに感謝。




大学を卒業した後、仕事しながら半年間通っていたバンタンの映像コースの同級生と・・・。

下北沢・午後6時過ぎ。
あるギャラリーの2階。そこでは童話の世界が広がっていた。
絵と音楽と映像のセッション。すごく斬新的な世界だった。

それぞれのアーティストが、感じるままに、表現したいがままに、それぞれのインスピレーションを体全体で取り込んで、アウトプットしていく。描かれては消えていく、動物や自然の絵。
1+1+1がとてつもないパワーをもって、新しい世界を切り拓いていくような感じだった。
その3つがぴったりと合わさったときは、今までに感じたことのないような境地を垣間見たようで、その世界が持つ独特の力に感動した。

映像を担当していたのは、自分に映像を教えてくれた先生。
彼女は今もクラブやイベントなどのVJとして活躍しているが、プレイをしているのは初めて見たのでなんだか新鮮な感じでだった。いつも飲んでるイメージだったので・・・(笑)
会場を後にした僕ら同級生はそのまんま近くの居酒屋へ。

皆、遠からず映像関連の仕事をしている仲間なので、話題も映像関連になることが多い。やはり、さっき見た世界が頭に残っているのか、皆、いい映像が作りたいという思いにあふれているのが、ビールを飲みながらでもわかる(笑)



大学時代の同級生と・・・

下北沢・午後9時過ぎ。
最近、下北沢に引っ越してきた大学時代の親友と、新居へ。
いや、新居というか、大正ロマンな雰囲気を彷彿させる部屋だった。
一階のドアを開けたら、靴を脱いですぐ2階へ続く階段。
階段を上りきると、和室があって、その奥の台所にはオレンジ色の豆電球。
『神田川』の世界に出てきそうな部屋だった。隣はちょうど銭湯があるし(笑)
この部屋がどういう風に進化していくのかが、楽しみ。


部屋見学した後は、街を散歩しながら、オープンな感じの居酒屋へ。
それぞれ飲み疲れていたので、最初の一杯は二人ともグレープフルーツジュースで乾杯。居酒屋なのに、この舐めてる感、素敵。

僕らはそこである大きな夢を達成するべく、バカ話に花を咲かせて、深夜遅くまで語り合った。自分が好きな街に住む友人を羨ましくも思い、自分も早く自分の夢を叶えられるよう頑張ろうと心に誓った。


人と会うとすごくパワーをもらえる。
そして、自分がやりたいと思っていること、喜ばれることなど、
いくつかのことを実現すべく、いろいろと考える。

あれもやりたい、これもやりたいと、貪欲に・・・・(笑)

それから数日後の今日。

欲しいと思っていたプロジェクターがただで入手できることになった。
また思いがひとつ通じたことに感謝です。
ありがとう。
100インチのスクリーンだけは、自分で買いますが・・・。

このプロジェクターを使って、自分の部屋で、ちっちゃなイベントをやることにしました。


秋の夜長を楽しむ会、発足です(笑)
[PR]
by shuxaku | 2007-09-20 00:04 | +++ Diary +++
おいっ、ポイ捨てしたら、1日0.3回弱になるぞ!
b0069430_21133199.jpg


この世の中には、まだまだそこらへんにゴミをポイ捨てする人がたくさんいるらしい。

車を運転しているとき、前の車の運転席・助手席の窓から「タバコ」のポイ捨てなんかしょっちゅう見かけるし、空き缶を投げる人もいる。

今日なんか、ゴミがたくさん入っているであろう大きく膨らんだスーパーの袋まで投げる人も見かけ、よっぽど追いかけて拾いなよ、と言おうかとも思った。

なんて身勝手な人なんだろうって思うし、
そういうのを平気でできる人は、悲しい人だなって思う。

素敵な海岸、川原に行ったとしても、平気でBBQのゴミをほったらかしで帰る人々は、
アウトドアで遊ぶ資格なんて全然ないよ。。。
アウトドアブームの裏でそういうモラルの低い人が、まだまだいることが腹立たしくもあり、
悲しく思う。

写真は、朝散歩の途中に見かけた近所の田んぼの看板。
去年より内容がパワーアップしていて、なんだか通るたび笑ってしまうのだが、
この看板作った人だって、本当ならこんな看板作りたくないと思う。

ゴミをポイ捨てした人は、一日0.3回弱になってしまう仕組みができたらいいのに・・・。
(食事中の方、もしいらっしゃったら、申し訳ないです)
[PR]
by shuxaku | 2007-09-10 22:12 | +++ Diary +++
西伊豆キャンプ~青い海と22人

b0069430_0245913.jpg
バンガローの入口前に置かれた、たくさんのビーチサンダルを見て、
僕はなんだか妙に嬉しくなった。

「あぁ、今は夏なんだ・・・」と。

普通の人には、この感情わからないかもしれないが、ビーチサンダル好きの自分としては、それが最高に微笑ましい光景に思えた。

去年に引き続き、西伊豆でキャンプをやろうと7月に思い立ってから、迎えた9月最初の週末。
僕らは西伊豆の雲見オートキャンプ場にいた。当初は15人程度で見込んでいたのだが、同級生、旅友達、畑友達、兄弟、さらにその彼らが、その友達を呼ぶという感じで、予想以上の人が集まり、結果的に22人のメンバーが揃った。

車5台で西伊豆までやってきて、午後は海で遊び、夜は人気のあるキャンプ場の最も標高が高いエリアを自分らで占拠したような状態で、ランタンや焚き火の明かりの周りで飲み物片手に語っていた。

この日の晩ゴハンは、パエリア、3つのダッチオーブンで作った真鯛の塩釜、ローストチキン&ベジタブル、グラタン、ミネストローネ・・・など、アウトドアにしてはちょっと豪華なメニューたち。いや、アウトドアだからこそできる、豪華なゴハンだと思う。

皆が、笑いながらおしゃべりしながらも、手分けして、一緒に火起こししたり、野菜切ったり、タープ設営やテーブルを準備している様は、すごくいいなと思った。

けど、やっぱり楽しみはゴハンを食べること。
いうまでもなくね・・・(笑)

出来立ての鍋を開けて、蒸気がもわっとたちのぼる。
するとそれが合図のように、その鍋の前に腹を空かせたピラニアたちがギラギラと目を輝かせて、マイ箸とマイ皿を持って待機しているその姿、僕はその動物的な姿が結構好きだったりする。(笑)
僕が作ったゴハンということで、僕が一番最初に手をつけようとするよりも早く、いたる方向から箸を持った手が伸びてきて、「うまっ」という声があがるときは嬉しくもあり、悔しくもある(笑)

b0069430_0194536.jpg

b0069430_0195860.jpg
この日、僕が寝たのは午前2時過ぎだった。ランタンの柔らかい光の周りで、寝ずに残っている者たちだけでおしゃべりしてたのだが、この時間は本当にゆったりできるいい時間で、キャンプならではのいい時間だと思う。
風も涼しく、すごく気持ちよかった。

天気予報では翌朝雨だったはずなのに、眩しいくらいの青空。
「なんとか晴れてくれ」という思いが強かっただけに、すごく嬉しい気分で豪華な朝ゴハンを食べ、皆で秘密のビーチへ。

ここ西伊豆は本州で一番透明度の高い海があるといわれるのだが、その西伊豆の中でもトップクラスの透明度を誇るヒリゾ浜に匹敵するといわれる千貫門へ。この千貫門の海岸に行くためには15分程山道を歩いていかないといけないのだが、山道の途中から見える海の透明度の凄さには誰もが「すげー!」と叫ぶことマチガイなしのところ。
10m底まではっきりみえるし、数え切れないくらいの回遊魚にも出会える。

b0069430_0185989.jpg

b0069430_0191647.jpg
100mくらい沖まで泳いで渡れる大岩からの飛び込みは高さ7、8mくらいあり、
調子にのって2回飛んだが、これは結構怖かった。。。(笑)


その後はとある小さな漁港町で遅めの昼ごはんを食べて、帰途につきました。
ちょっとセレブでしょ・・・(笑)
b0069430_0181248.jpg

伊豆名物の高足ガニ。甘くて、すごく美味かった。。。
b0069430_018322.jpg



~ 過去の西伊豆キャンプ ~
2005年9月 西伊豆キャンプ   ※関連写真
2006年9月 西伊豆キャンプ   
[PR]
by shuxaku | 2007-09-05 00:06 | +++ Outdoor +++