<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
神楽坂カフェで猫鍋を喰らふ
クリスマスイブ前の休日は、銀座のバーで友人主催の貸切パーティだった。
夕方から始まるそのパーティまで、僕は一緒に行く友達とちょっとの間、語らうため、神楽坂で待ち合わせをした。

神楽坂は名前こそよく聞くけど、せいぜい通過する程度くらい。その駅で降りて、遊んだことはほとんどない街だったので、なんだかワクワクしてメトロを降りた。

友達が少し遅れるということで、暇を持て余した僕は街中をぶらぶら散歩。
商店街にはジングルベルが流れ、路地はカップルであふれていた。

たまに細い路地に入ったりすると、住宅街の中にいい感じのレストラン、カフェがぽつんとあったりするから散歩も楽しくなる。

やがて、僕は一軒のカフェに入った。外見はなんともいえない、古めかしい一軒家カフェ「MUGIMARU2」
一歩勇気を振り絞って中に入ってみると、店内は薄暗くも、素敵な雰囲気。靴を脱いで2階に上がると、外から差し込む光がとても柔らかな空間が広がっていた。
1階には数人の客がいたが、2階は僕一人。
いや、正確には、僕と猫3匹がその空間の中で一緒だった。

b0069430_125949.jpg

b0069430_1253487.jpg

ちゃぶ台の前に座り、僕はまんじゅうと飲み物を頼み、小説を読み始めた。
『アルケミスト』という本。世界的に有名な名著らしいが、僕にとっては初めて読む本。

やがて、僕がページを2,3ページ進めるたびに、新しい客がやって来て、2階はあっという間に満席になってしまった。席がほとんど埋まってしまったので、相席で僕の前には20代前半の女性3人が座った。知らない者同士がこんなにも近くで、まんじゅうを食べ、飲み物を飲むという光景がなんだか不思議だった。

この部屋の住人のネコたちは、お客の皆から遊んでもらって、自由気ままに時を過ごしている。やがて、そのうちの1匹の猫が、あぐらをかいて座って読書中の僕のところにやってきて、前足を僕の腿にのせて「にゃあ」と甘えた声を出した。その次の瞬間には、僕の股座であっという間に丸くなった。
b0069430_1273621.jpg

b0069430_1275516.jpg

「猫鍋みたい」と、前の女性たちが笑っている。僕もつられるように笑い、そのまま丸くなっている猫をなでながら、本を読み進めた。

1時間後、迷ってやっとたどり着いた友達と少し話をしてから、カフェはしごをすることにした。股座ですやすや眠っている猫を起こさないように、ゆっくり足を広げ、立ち上がった。そのままの格好で寝続けるカレは、この頃にはなんだか妙に愛しい存在になっていた(笑)

店を出て、少し散歩してから、また次の一軒に入った。
店の名前は「ろびん」

ここでも靴を脱いで、2階へ続く階段を上った。カフェというよりも、他人の家に来たようなアットホームな感じが漂っていた。

先客は、粋な和服を着た男性ひとりと20代のカップルが一組。
b0069430_1281648.jpg


ここでも僕はあぐらをかき、部屋を見回した。
昭和ロマンといった感じで、スペースも広く、のんびり過ごすにはとても気持ちのよいところだった。僕と友人は、そこでのんびりと未来についていろいろ語った。
ワクワクするような企画とか夢ある話で盛り上がり、あっという間に時が過ぎていった。

自分が素敵だと思う空間にいる。
ただそれだけでも、こういう場所だからこそ、生まれる何かがあると思う。

この後、僕らはパーティに向かうため、夜の銀座の街に吸い込まれていった。
[PR]
by shuxaku | 2008-01-18 01:18 | +++ Diary +++
樹氷は案外近くに・・・
b0069430_0523421.jpg
山形・蔵王。
といえば、樹氷というくらい蔵王の有名な冬の風物詩。
そんな樹氷を見ながら、スノボしたいよね、という友達の提案で、3連休スノボ行ってきました。

夜通しのドライブで、蔵王に付いた頃は、くたくたなんじゃないか・・・。
そんな心配はご無用で、銀色に輝く蔵王のゲレンデを見てしまったらテンションあがりっぱなし。
メンバーの男4人は宿に荷物を置くと早速ボードを持ってゲレンデへGo。

あいにく天気は雪だったが、「そんなの関係ねー」的な雰囲気(笑)

軽く何本か流してから、いよいよ樹氷原コースへ。
このコースはすごく長いコースで、距離は驚きの8キロもある。

ロープウェーで向かった先は、完全に上も下も周りもぜーんぶ白の世界。
完全に舐めきってた僕は、違う世界に来たんだと思い知らされました。

樹氷って、『雪をかぶった木』という風な認識でなかったけど、そんな甘いもんじゃなく、
その名の通り『氷の樹』。強力な冬の季節風がもろに直撃するこのエリアならではという感じで、あえていうなら迫力のある白い突起物。雪がこべりついたカオナシみたいな感じ!?

(けど、本物の樹氷の形はというと、その日の朝、手持ち無沙汰になった僕が友達と、民宿の前で作ったプチ樹氷と何ら変わりのない代物でした。写真撮っておけばよかった・・・)

話を戻して、山頂はというと・・・

天気、雪。 気温、マイナス15度。 風速20m。

はい、巷で言う、吹雪というやつですかね、これは・・・。

時速30~40キロくらい出るスノボで、それを体験すると、体感温度はさらに寒く、
お手軽にシベリア気温が日本で味わえる。
肌が露出している無防備部分は凍傷になるんじゃないか?くらいの勢い。

笑ったら、その顔のまんま固まるんじゃないか・・・・。
はい、ウソつきました。いや、これは大げさだけど、気分的にそんな感じ。


曇ったゴーグルに息を吹きかけて、ティッシュで拭こうとすると、息を吹きかけた瞬間に、
ゴーグルに付着した水分は薄い膜の氷となり、余計に視界が悪くなり、埒が開かなくなる。

視界が悪いゴーグルほど怖いものはないが、僕はしばらくそれで滑っていた。
ゴーグルから見える世界、白だけ。地面なのか、前方の風景なのか、空なのかすらも認識できない。当然、傾斜やコブも予想できない、ただボーダーやスキーヤーの服の色だけは認識できたから、その合間をかいくぐって、滑っていく、デンジャラスなボーダーになってました。

はい、当然のことながら、痛い目にあいました。予想外の急傾斜とコブでふっとび、あやうくコースアウトしそうに。
コースアウトしたら、たぶん雪だるまのように下の森へ落ちていくところでした。
怖いですね。。。

もう懲りたので、少しかしこくなった僕は、ゴーグルを外して、何もなしで滑ることに。

長い長いコースをすべり終えた僕はというと、まつげに白い雪がたくさん付着して、
目の周りのまつげ一帯が『樹氷』となって、僕の目の上に現われました。

目に雪が入らないように、薄目でずっと下りてきたら、上まつ毛と下まつ毛が結晶となり合体して、目を開けなくなったり、そんなこともありました・・・。はい。
だけど、気分は最高に楽しい。これが、ゲレンデマジック。


翌日、晴れてくれという僕らの思いは軽く季節風にとばされ、昨日以上の強風。
ゲレンデのリフトの3割は、強風のため見合わせております、と。

まあ、そんなのはなんのその。この日は朝9時か夕方5時半まで、途中1時間の休憩をはさんだ以外は夢中で滑ってました。昨日以上に、顔面上に樹氷を作りながら。。。(笑)

こんな散々に見えるようなスノボでも、僕らは最高に楽しんで、やりきった感(充実感)で胸いっぱい。皆、この筋肉痛がちょっと嬉しいとか、ちょっと変な発言をしたりしながらも、皆が激しく同感(笑)

1日目も2日目も、近所の温泉に寒い寒いと言いながら歩いて出かけ、温泉につかった後はビールやおつまみを買って民宿の暖かい部屋で乾杯。

今回お世話になった民宿『こだま荘』は、年配のおじいちゃんとおばあちゃんが切り盛りするアットホームな民宿。毎晩、手作りの郷土料理と野菜たっぷりのおかず、そして体温まる鍋と、今までのスノボで泊まった宿の中では一番贅沢で、美味しいご飯だった。
こんなに豪華なご飯がついて、1泊2食で6000円は、なんだか逆に申し訳なるくらいでした。
手土産のおやつもありがとう!

ほんとにいい休日でした。

また再来週も、来月もスノボ行くけど、これはわりと大人数だから、
こちらもとにかく楽しんでこよう。

b0069430_05338.jpg

この看板が下にあるのは、雪が積もるからなのかな。。。

===============================================

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
すっかりサボり気味のブログですが、毎日とても元気でやっております。
昨年は自分にとってとても充実した一年になりました。
これも、自分の周りの家族、友人、会社のスタッフ、そしてこのブログに遊びに来てくれる人々、皆さんの支えがあってこその一年だと思っています。
今年は、このエネルギーを自分なりに変換して、今まで以上に周りに還元していきたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by shuxaku | 2008-01-15 01:06 | +++ Diary +++