<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
栂池スノボ映像の巻(期間限定公開)
先日の白馬での映像を期間限定でUPします。


スノボムービー映像を撮るつもりで持っていった60分のDVテープ。

ただ、そこに記録された映像のうち、55分はスノボ以外の映像(鍋メイン)でした・・。

自分が寝ている間にも回されていたビデオ映像に、編集しながら、

その事実を初めて知り、びっくり・・・(笑)

スノボのいい映像が撮れなかったのは心残りだけど、そんな自己満足の映像よりも、

楽しい笑顔がたくさんつまった映像を見てたら、これはこれでいいじゃん、

いや、むしろこっちの方がええがな、と思った週末でした。

両手で固定したにも関わらず、スノボ映像、手ぶれがひどいし(笑)

それにしても、この日の栂池高原は進行を遮られるくらい人、人、人だらけ。

ガラガラのゲレンデに行きたいもんだなぁ。
[PR]
by shuxaku | 2008-02-24 18:34 | +++ Travel +++
チェルシー♪スノボトリップ@白馬
2008年になってからやたら移動距離が多い。
車の移動距離だけでも、あっという間に6000kmを越えた。

2月の3連休、今年3回目のスノボに出かけた。
今回の人数は、合計17人。関東から車3台、関西から車2台とスノボにしてはちょっとした人数。去年、原宿のX'masの時に、友人と話していて「大人数でスノボ行くか」と思いつきで言った言葉から生まれたスノボ旅。

関東組は、金曜日深夜12時に渋谷駅付近で集合。続々と集まってくるメンバーと挨拶交わす度に、はやる気持ちを抑えられないくらいテンションが高くなってくる(笑)
関東メンバー12人が揃ったところで、車のエンジンをかけた。
すぐに、首都高のETCゲートをくぐり、長野方面へ車を進ませる。

途中、諏訪湖SAで休憩した時点で、外気温はマイナス8度。とにかく寒い。
寒いというか、むしろ痛い。無数の氷の刃が刺さってくる感じだ。

朝5時過ぎに長野・白馬に到着。
集合は民宿「はばうえ」にAM7時だから、それまでコンビニの駐車場で仮眠を取ることにした。
この時点での、外気温はマイナス15℃。もう寒いとかの次元じゃないです。。。

仮眠後、民宿へ。それから1時間ほどして関西組が合流。
それから着替えたり、レンタルショップなどまわって、いよいよ栂池高原ゲレンデへ。

それからはあまりにも夢中すぎて憶えていないくらい、ひたすらボード(笑)
午後からは男5人でゴンドラに乗り、さらにリフトに乗り、もっとも標高が高いエリアへ。
栂池高原自体もともとパウダースノーだけど、この最高地点付近は新雪が深く積もっていて、もっともっとパウダーで最高の気分。

転倒でもしようなら、雪にはまって脱出するのが一苦労するくらいのエリア。下のゲレンデに比べたら、全然人も少なくて、ほんとに気分よく滑れる場所。
僕らは、笑い叫びながら、異様に高いテンションで滑っていく。

夕方4時ごろ。
早めにスノボを切り上げて、スーパーへの買出班と宿で仕込み準備班に分かれ、夕飯の支度をはじめる。自炊できる(キッチン付き)民宿にしていたので、皆でワイワイしながら鍋の準備。

午後七時前、いよいよ今宵の宴がはじまる。長い夜のはじまりだ。
寄せ鍋、キムチ鍋、カレー鍋、計3つの鍋を皆で囲いながら、ビールで乾杯。
長方形の細長い18畳ほどの和室の真ん中に3つのテーブルを並べて、17人が忙しそうに鍋をつついてる光景は、なんだか微笑ましくて、幸せな光景だなって思った。

皆とわいわい話しながら、囲む夕飯は、ほんとに美味しくて、楽しくて、最高の時間だった。箱で買ってきたビールも急ピッチでその量を減らしていく(笑)

全員の胃が鍋で満たされてきた頃、お酒はビールから焼酎に変わった。

昨晩、ほとんど徹夜で運転し、スノボでくたくた、ビールを飲んで気持ちよくなってる体に
カトリーナ級の睡魔が襲い掛かってきたのは、夜11時過ぎ。
それまでの間、とにかく笑って、笑って、楽しい時間を過ごした。

翌朝、また皆で作った豪勢な手作りご飯を食べて、いよいよお別れ。
帰る人もいれば、今日も泊まって滑るメンバーもいる。

僕は2泊予定だったので、この日帰るメンバーと握手して別れ、また友人とゲレンデに向かった。今日はビデオカメラを持って、ゲレンデへ。

ビデオを持って、スノボ。
滑りながら、今しか撮れない瞬間を撮りたいと思った・・・。
カメラ持って、滑ってるうち、『すごーい、あの人、ビデオ撮りながら、滑ってるよ!』
そんな黄色い声を、声援と勘違いして、調子のって、スピード上げていた僕は派手に転倒し、あばら部分を強打。痛かった・・・・。
けど、そんな痛みはなかったかのように、この日も夕方までゲレンデの端から端まで滑って、滑りづくしの濃密な時間だった。

この日の晩は、6人で宿泊。
前日同様、自炊なのだが、素晴らしいご飯が、スノボから遊び疲れて帰った僕らを待っていたのは、本当に幸せだった。先に帰って、ご飯を作ってくれた3人に感謝です。

この日は、昨日とうって変わって少人数での食卓だった。
同じ部屋で過ごした昨日の騒がしさが、ウソのように、静かな時間だった。。。
というのは、ウソで、昨日以上に笑って、笑って、笑いすぎて涙が出るくらい、この日も素敵な時間を過ごした。

2泊3日のスノボ、楽しい時間はあまりにもあっという間に過ぎ去って、
しばらく時が経つと、あれが夢の中の出来事だったかのように、思えてるから不思議だ。

僕のデスクの上にある土産の「信州限定 アップルチェルシー」が、
あれが夢じゃなかったことを教えてくれる。

b0069430_2257713.jpg

P.S. どうやら、ビデオカメラ持って滑って、派手に転倒したとき、肋骨にひびが入ったようです(笑)
[PR]
by shuxaku | 2008-02-21 23:33 | +++ Travel +++
CM テスト
数日前のこと。

友達と渋谷で飲んだ帰り、突然、仕事のCMを作ろうと思った。
使う素材を用意し、言葉を考え、ストーリーを考えた。
ストーリーといっても、たいした内容はないけど、それなりの時間は要するから、仕事以外の空き時間をなんとか捻出した。
編集を始めて5日後、出来上がった映像をYou Tubeにアップした。

自分で作った映像を、こんなにもカンタンに公開できるなんて、
僕らはすごい時代に生きてると思う。

なんだか、今生きてる瞬間をどこかに刻みたくなった冬の夜。

[PR]
by shuxaku | 2008-02-14 23:08 | +++ Diary +++