<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
小夏日和 ~ツナガリ~
人と出会いって、不思議だなって思う。

そのキッカケが仕事であれ、遊びであれ、出会ったことは事実だし、
なんだかそういう機会を与えてくれる周りの環境にとても感謝している。

仕事柄、いろいろな業界の社長、アーティスト、クリエイターと会う機会がある。
前からそういう傾向はあったが、ここ最近特にそういう機会が増えてきた。

そういう機会が増えるような「仕組み」が今やっと回りはじめたといった方が言葉は正しいのだが、映像の仕事という機会を通じて、そういう方々と会えるのはすごく刺激になる。

今日はとあるメーカーの『Eラーニング教材DVD製作』の仕事で、南青山のスタジオでナレーション録りをしてきた。ナレーターを務めたのは、お天気キャスターとしても活躍するMさん。
僕は原稿チェックをしながらも、やっぱりプロは滑舌が違うなと感心してました(笑)

Mさんの活躍のお陰で、予定より早く、ナレ録を終えて、青山通り付近のカフェで、社内プロジェクトの新企画を練っているときのこと。とあるベンチャー企業の社長さんから直々に、つい最近完了したプロジェクトのお礼の電話がかかってきて食事のお誘い。普通なら自分なんかが相手にしてもらえるような方ではないだけに、このご縁に感謝。

それから、会社に戻る最中に立ち寄った本屋で、一番目立つところに平積みされていたのは、仕事を通じて仲良くさせてもらっているコンサルタントT氏の本。
つい先週も、千葉の田舎にあるうちの会社まで、迫力のある音を鳴らしながらポルシェでわざわざ来てもらって、すごく面白い話をしてもらったばかりだっただけに、なぜか自分の事のように嬉しかったし、自分も負けてられないと心に決め、本屋を後にした。

こういうビジネス系の凄腕の人たちと触れ合う機会があるのもすごく刺激になるが、同時に、世界が異なる方々ともつながりが少しずつ増えきて、こちらもこちらでとても刺激になる。クラブで活躍するハウス系DJ、インディーズのロックバンド、レコード会社の人らとの仕事を通じて、彼らのパフォーマンスを最大限に引き出せるよう、出来る限り最高のアウトプットで応援をしていきたい。

b0069430_145667.jpgここからはビジネスとは別の話なのだが、つい先日ある雑誌が発売された。
『カメラ日和』という雑誌の別冊で、その名も『tocotoco』

この雑誌は、キャンプやホームパーティでいつも一緒に遊んでる友達が編集に携わっている。彼女は入稿前の忙しい時にも関わらず、目一杯遊んで、それから会社に戻るというかなりアクティブでいい生き方をしている女性。

「子どもと一緒に成長したいママとパパへ」というキャッチフレーズから、小さい子どもがいる20代~30代がメインターゲットだと思うんだけど、独身男の自分が読んでも、十分に面白い。
いや、言葉を正すと、面白いというか、あぁこういう生活いいなって、憧れ、ワクワクするような雑誌。「友達だから」という先入観とか関係なく、すごく素敵な雑誌だと思ったので、紹介しました。
載っていたレシピも、かなり美味しそうだったので、休日にでも、ゆっくり作ろうと思う。
ちなみに最近発売されたのは、Vol2。

Vol1の時は、去年の初冬の頃で、20人くらいで河口湖の付近のキャンプ場でパオに泊まったときだった。、翌朝、彼女が仕事のために、1人電車で東京に戻るのを、線路沿いの道で皆で見送ったのだが、電車を追いかけるメンバーがたくさんいて、なんだか青春ドラマみたいだった(笑)
[PR]
by shuxaku | 2008-04-24 01:02 | +++ Diary +++
四月の空の下・・・
僕の暮らす平屋の周りで、蛙の鳴き声が聞こえる季節がやってきた。
いよいよ、アウトドアが楽しい季節がやってくるんだと、胸がワクワクしてくる。

---------------------------------------------------------------------
b0069430_1323721.jpgb0069430_1325917.jpg


















4月最初の週末は二子玉川駅付近の多摩川河川敷で花見をした。
ぽかぽかした陽気の中、場所取りをしながら、火起こし。桜からはちょっと離れていたけど、気持ちいい場所だった。
Tシャツ1枚になり、緑色の草の絨毯の上で、寝そべってみたり、集まった友人らと語ってみたり。この日は、22,3人ほど集まり、愉快なメンバーが多かった。
気のせいか、洒落たメガネ男子が多かったような気がする(笑)
初めて会う人もまあまあいたけど、料理や野外フェスの話で盛り上がって、なんか面白い輪が広がっていきそうな予感がする一日だった。

(携帯のカメラにしては、なかなかいい色・・・)

---------------------------------------------------------------------

b0069430_134186.jpg
僕は、テントを2つもっている。1つは大学生の頃に買ったモンベルのムーンライトという名の2人用テント、もう1つは厳密に言うと父が買った7人用テントなのだが、僕が自分のもののように使っている。だけど、この7人用テントは昔のもので、しかも安物だったということで、重量が30キロ近くあり、かなり扱いづらい代物。なんとか、いいテントはないかと、ヤフオクで物色するが、どれも面白みのないデザインだったり、やたらと高い。

b0069430_137848.jpg

ここは日本以外で探してみるかということで、たどりついたのが、eBay。
いや、びっくりしましたね。コールマンのテントで、日本未発売のモデルが、ヤフオクで10万くらいで売っているのに、アメリカのサイトでは、2~4万程度。送料も1万程度だし、転売目的で、個人輸入するのも、面白いかも、と思った。少しでもいいテントを買うために、こづかい稼ぎ程度にね。
コールマンってメーカー、アウトドアではあまりにもありふれて過ぎていて、『ポピュラーで安い緑のテント』ってイメージなんだけど、それは日本国内だけであって、アメリカでは、赤、水色、オレンジ・・・と結構面白いテントも多いんだなと新発見だった。

僕は、ここで『城』という別名をもつ、とある大型テントを購入。
今年はこのテントを持って、たくさん旅に出ようと思います。

【写真は本文と関係ありませんが(笑)、僕がものすごく作りたいと思っているティピー(インディアンの移動式住居)】

---------------------------------------------------------------------
b0069430_147583.jpg

2週目の週末は、高校時代の友人の結婚式だった。
去年の暮れに、その友人から、披露宴で流すプロフィールムービーを作ってくれないか?という話が来た。俺でいいのか?という複雑な気持ちもありつつ、せっかくこういう機会をもらえたので、やるからには思い出に残る、世界に1つしかない映像を作ろう、という気持ちで、1月から打ち合わせがスタートした。
うちの会社や近所の清祥庵の個室で打ち合わせをしたり、友人夫婦の新居にお邪魔したり、この日を迎える前までに、4,5回の打ち合わせを重ねた。写真、音楽の選定から、ビデオカメラ持ってロケしたり、正直大変だったけど、すごく楽しかった。

当日、オープニングムービー、プロフィールムービー、エンディングムービー、その3つの映像が実際の披露宴会場で流れた時は、ドキドキしながらも、周りのどよめきや笑いが嬉しかった。

けど、やっぱり一番印象に残ったは映像ではなく、リアルな2人の幸せそうな様子だった。この日のために、いろいろと準備を進めてきて、皆に楽しんでもらえるようにと見えない部分の苦労を重ねた分、皆が感じた思いは大きかったんじゃないかと思った。
すごくいい結婚式だった。これからも末永く幸せに暮らしてね。

俺もアテはないけど、幸せになるよ、と周りに公言したし・・・(笑)

---------------------------------------------------------------------

いよいよいろんなアウトドア遊びが動きはじめる時がやってきた。

来週末、テント持って、5人で仙台ARABAKIに行ってきます。
豪華なメンバーも楽しみだけど、テントライフも楽しみ。

(仕事で、あるレコード会社の所属アーティストのプロモーションCDを作ったんだけど、そのアーティストもARABAKI出場が決まったので、それもなんだか嬉しい・・・)

GWは男くさいキャンプ@式根島、5月中旬は山梨のアースデイキャンプ『ナチュラルハイ』に参戦。

ナチュラルハイ行く人、現地で遊びましょう!
[PR]
by shuxaku | 2008-04-17 01:03 | +++ Diary +++