<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
打ち上げ会


「TPP 21世紀のリーダーシップ」セミナーで熱くなった心のまま、
表参道駅から半蔵門線で、清澄白河の我が家へ。

もうすでに、妹、Nちゃんの2人が準備をしていた。

そう、ゆらフェスの打ち上げ&反省会。

今回の会場は、我が家。

手作り餃子や手作りコロッケ、サラダ、鯖のエスカベシュ、ゲストが持ってきてくれたおかずたち・・などなど。

参加いただきました皆様、わざわざありがとうございました。

久しぶりにビールたくさん飲んで、面白い話が出来て楽しかったです。


これから夏にかけて、登山、島キャンプ、釣り、踊りキャンプ・・・などなど、
イベント盛りだくさんです。

この夏は、皆で島に渡って、佐渡島でキャンプやります~!
b0069430_19381542.jpg

[PR]
by shuxaku | 2009-06-28 19:38 | +++ Diary +++
ゆらぎフェスタな一日
ゆらぎフェスタ、無事終了しました!

最初にひとこと。

皆さん、本当にありがとうございます。
自分1人では決してできない、人があってこそのイベントだなってことを深く実感しています。

「虹のたね」ブログでは書くことのない、個人的なことをここでは書きたいなと思います。

イベント前日、仕事が終ってから準備に追われ、ピザの仕込みを手伝ってもらいながら、寝たのはAM3時半すぎ。

実は誰にも言ってなかったのですが、このイベント前日に「イベント終了時にサプライズで映像を流しちゃおう」と急遽思いたったため、うちの会社のスタッフにヘルプを依頼し(笑)その原稿や素材データの準備も用意しなきゃいけなかったので、また仕事が1つ増え、ちょっと寝るのが遅くなっちゃいました(笑)
深夜2時まで、ピザ生地・具材の仕込みを手伝ってくれたお二人さん、ありがとう。

2時間ほどの睡眠をとって、AM6時に起きて道具満載の2トントラックを運転し、7時半に会場入り。

一日お世話になるJunkarcさんにご挨拶。
それから、準備しながら、続々と集まってくるスタッフ、出店者の顔を見るにつれて、ちゃんとイベントが進行するだろうかという10%の緊張感と、90%のワクワク高揚感で、いっぱいになってきた。

会場内の装飾準備しながら、ワークショップの準備。
それと、急遽やることになったスライドショー、エンドロールなど映像製作準備と打合せ。

イベントが始まる前の11時半に、集まったスタッフ、出店者で最終ミーティングした時、
そのメンバーだけで50名近い人が集まっていたのには、本当に驚いた(笑)

天気もいいし、あとは自分たちも楽しまなきゃっていう思いでイベントはついにスタート。

この日、僕は箸づくりのワークショップの講師をしながら、イベント全体の状況を見て回ったり、虹たね食堂、Barの様子を見たり、最後のサプライズムービー製作の確認したり、とにかくうろちょろしていました。

箸づくりワークショップは2回行ったのですが、短い時間ながらも、いろいろな参加者とおしゃべりできて楽しかったです。
参加者は、自分の同級生、両親の友達など久しぶりに会う人もいれば、友達の友達やこの日のライブアーティストさん、このブログを見て下さっている方だったり、はじめて会う人もたくさん。
そんな皆が一緒に竹を夢中で削っているのがとても嬉しかったです。
「私、こんな不器用だったことにショック」「むずい~」「細くなりすぎた~」と言っていた方々も最終的には世界にひとつしかない「マイ箸」「マイ菜箸」「箸おき」として、きれいに仕上げていたのであとは、それを大切に使ってあげてくださいね!(笑)
あの竹は、半年間乾燥させた、本当にいい国産竹ですから。
(ワークショップ中に、何回か席をはずしてしまいごめんなさい)


虹たね食堂の、カレーの売れ行きが思いのほか好調で、炊飯が間に合わなく、ご来場者の方にはお待たせして、ご迷惑をおかけすることになってしまった事については申し訳なかったという気持ちです。
すぐに美味しいゴハンが炊ける圧力鍋3つ用意してたものの、不測の事態で、その場にいたスタッフも大変だったと思いますが、これは次から改善していきます。

人気のカレー以外では、スキレット&炭火で作る、限定30食の「野菜たっぷり 九十九里ピザ」も無事完売したと聞いたときは嬉しかったです。

前日の深夜、一生懸命手伝ってもらった甲斐がありました。
せっかく手伝ってもらったのに、売れなかったら、それはそれで悔しいですからね(笑)


この日、時間を見つけては、出店頂いたお店も周りながら、いろいろお話もしたのですが、長野や名古屋からわざわざ来て頂いた方もいたり、本当に驚き&感謝です。
残念ながら、全ての店を回ることは出来なかったのですが、どれも個性的なお店ばかりで、正直言って、レベル高いなぁって思いました。


そして、アーティストのライブも、午後6時半まではゆっくり見る時間はなかったのですが、それでも会場が盛り上がるよう、ひとつになるよう、素敵な音楽やパフォーマンスを届けてくださったアーティスト、ドン百姓バンドさん、ありっぱさん、mii..さん、近藤ヒロミさん、大西匡哉さん、特別出演の早川さん、世界遺産写真提供の矢口さんありがとうございました。

イベントが終わりに近づいた頃、ジャンベのリズムに合わせて、一人また一人と、アーティストの前に踊り出て、最終的には会場にいた全員が体を揺らしているような一体感がすごかったです。

特別なステージとかはなかったので、皆で自然とアーティストを取り囲んで、その周囲を回るような感じで、
その距離感もよかったし、途中あいよ農場のS君が大根を持って踊り現れたときには会場が大爆笑。
で、結果的には何本もの大根が踊りまくってました。

この時、ジーンズを履いてた自分も解放的になりたいと思い、急遽服をタイパンツに着替えたの、だれか気付きました?(笑)

その熱い熱いライブが終わった後は、この日のスライドショー映像の時間。
そう、前日の自分思いつきで巻き込んでしまったうちの会社スタッフYさん、臨時カメラマンのYちゃんにヘルプをお願いして、出来上がったスライドショーとエンドロール。

映像で一日のイベントを振り返りながら、ちょっとクールダウンのお時間。
思いつきだったけど、この映像はやってよかったなってしみじみ思いました。
この日のイベント内容は準備段階から全てYさんにビデオ撮影してもらっていて、彼にも本当に感謝です。

それから、怒涛のお片づけタイムへ突入。
皆で作ったものを取り壊していくのは寂しいけど、心の中に残ったものが壊されるわけではないし、もう2度とめぐりあうことの無い瞬間を噛み締めながら、走りながら、片付けてました(笑)
午後9時半撤収完了。

一部のメンバーは終電で帰り、一部のメンバーはそのままあいよ農場のS君の家で打ち上げ。
S君のおうちまでもが、キャンドルナイトでびっくりしました(笑)

本当に、何度ありがとうって言ったかわからないし、たくさんの熱い握手も交わしたこの日のことを一生忘れることはないと思います。

本当に、本当に、みなさんありがとうございました。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-23 00:18 | +++ Diary +++
マイ箸ワークショップのお知らせ
b0069430_12572986.jpg


来る6月20日、千葉で開かれる「夏灯、ゆらぎフェスタ」に、
僕SHUXAKUはマイ箸作り講師として、ワークショップをやります。

竹は、千葉産の竹を使用して、世界にひとつだけの竹箸作りをやります。
普通、竹箸は保管状態が悪いと、カビやすくなったりしますが、カビないように、
クルミから抽出された天然油でコーティングします。

== 夏灯、ゆらぎフェスタ × ワークショップ ===================

◎タイムスケジュール

「千葉産竹で作る、マイ箸づくり」ワークショップ 
~自分のために、大切な人のために箸作ろう~

参加費:300円 (あなたのお小遣いでも大丈夫でしょ、笑)

持ち物:工作を楽しむココロ

第一回 : 14時~
第二回 : 16時~

※所要時間目安:30分~60分

(定員) 各回 20名

参加予約も受け付けてます。 予約はこちら→ shuxaku@hotmail.com

Presented by Oryzias*garden
=============================================

みなさんは知ってますか?

割り箸のこと・・・

割り箸は、環境問題でも、取りざたされることが多いですが、問題はそれだけではありません。
割り箸用に小さくカット、加工した後に、漂白剤、防カビ剤、防腐剤など「薬品」を散布します。
その薬品が体内に入ることで、人間の健康への影響も危惧されています。

割り箸一膳に散布された薬品は微量かもしれませんが、口の中にはこばれる度に(細かい木の破片も)、人間の口に入り、それらは蓄積されていきます。(もちろん、人間本来の免疫機能で、体内の化学物質を外に出そうという働きもありますが、限界もあります)
気にしなければ、一生割り箸を使い続け、体の中には毒物が蓄積されることになるのです。

割り箸と金魚の実験を知ってますか?
金魚鉢に割り箸を数本入れていて、数日経つと、全ての金魚が死んじゃうというお話。

そのくらい、すごい薬品が塗布されているんです。

だから、この機会に見直しませんか?

自分のために、大切な人のために。。。


せっかく無農薬野菜食べるのであれば、箸にも気をはらいたいところですよね!

ワークショップでは、普通の箸を作る予定ですが、希望者がいれば、菜箸などもOKです。

みんなで、割って、削って、磨く、竹工作時間を楽しみましょう。
1人で来た方も、わいわい楽しんでもらえたらなと思います。

初心者でも大丈夫ですよ!
前回の参加者の中で一番若い参加者は5歳でした。(記録更新、笑)


同時開催中の、植物性ワックスで作る「レインボウキャンドル」ワークショップもオススメです♪

ぜひぜひ、ダブルで参加してみませんか?

b0069430_1340834.jpg


写真は、やすりがけ前の状態。これから、つるつるになっていくんです。
もちろん箸置きも、竹です。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-17 08:21 | +++ Diary +++
ゆらぎフェスタ フライヤー
「夏灯、ゆらぎフェスタ」フライヤーの完成イメージです。

前回に引き続き、今回も自分がデザイン組んで、フライヤー作ったのですが、毎回思うこと。
(題字は、S君ですが・・・)

デザイナーって、ほんとうにすごいな、と。

素人の自分が作るものは、どうしてもワンパターンになりそうで、一生懸命それらを回避しながら創る、という感じで、かなり四苦八苦です(笑)

ただ、そんな四苦八苦も実は楽しくて、今回は前回に比べて、ますますパワーアップしたイベントになりそうで、今からワクワクです。

人と人の間から生まれるパワー、エネルギー、アイデアは、本当に強力で、やばいです。

今の僕らに求められているのは、人が一人で生きてく強さではなく、人と協力しあいがなら、つながりながら、無限の可能性にチャレンジしていくことなんだな、って最近つくづく思います。

それを仕事でも、遊びでも、家庭でも、境界を作るのではなく、自分自身のあり方から変わって生きたいと強く感じます。


さてさて、こちらがフライヤーです。
クリックで拡大できますので、詳細が気になる方は、カチカチっとお願いします!


b0069430_21435715.jpg


b0069430_21442373.jpg



昨晩は、22時から渋谷でバーテンの友達と打合せをしてました。
今回も、イベントでは美味いカクテルが出ますよ。

ぜひぜひ、焚き火のそばで、その美味しいカクテルを堪能して下さい!

てか、乾杯しましょ。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-09 21:45 | +++ Diary +++
ゆらぎフェスタ インフォメーション♪
昨冬に行った神奈川・大磯でのイベント
「一軒家で過ごす、キャンドルナイト」に引き続き、
今月20日(夏至の前日)に「夏灯!ゆらぎフェスタ」を行うことが決定しました!

今回は場所を千葉に移して開催。若手農家さん「あいよ農場」と、キャンプや旅で出会った仲間たち「虹たね」メンバーとのコラボ企画です。


おいしい食べ物をつまんでみたり、ワークショップに参加してみたり、スタッフとおしゃべりするのもよし。
美味しいドリンク片手に焚き火のそばでゆっくりしたり、映像やライブを聞くもよしです。
一年で一番日の長い日を楽しみましょう。ぜひ足をお運びください。

詳細は決定次第、随時「虹たね」blogでアップする予定です。


☆☆出店者、お手伝いスタッフ募集!!☆☆
(詳細はイベントお知らせのあとにあります)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
あいよ農場×虹たねコラボ企画
「夏灯(キャンドル) ゆらぎフェスタ」

日時:09年6月20日(土)正午スタート→19時半ごろ終わり
場所:工場跡「junkarc」(千葉・山武市殿台229の1)
     (総武本線成東駅から徒歩10分程度)
     ※東京駅から成東行きのバスもあります。
     (片道1500円、千葉フラワーバス

 
入場料:大人1000円〔500円分チケット代込み〕
     高校生以下無料
内容 :今回は千葉・成東で有機野菜を作っている若手農家「あいよ農場」とのコラボ企画で採れたて新鮮野菜を販売します。

また「虹たね食堂」では「あいよ農場」の野菜を使ったカレーやおつまみを出す予定です。そのほか、白砂糖などを使わない「体にやさしいスイーツ」や「チャイカフェ」、七輪を使って料理して食べるセルフスタイルの焚き火BARなどが出店予定。日が落ちたら、キャンドルをともして会場を照らし出します。

「植物性ワックスで作る『レインボウキャンドル』」「国産の竹で作る、オリジナル箸作り」などのワークショップも。  

出店者:オーラソーマ、マッサージ、帽子屋、スイーツ、石鹸、ビーズアクセサリー、雑貨、てぬぐい屋など

出演アーティスト:
近藤ヒロミ&大西匡哉 (アフリカの楽器、カリンバとジャンベの演奏)
・mii.. (キーボード弾き語り)
ありっぱ(姉妹で元気が出る歌を歌います)
・ドン百姓バンド(見てのお楽しみ)
 
(追加アーティスト調整中)

☆☆出店者募集!!☆☆
手作りバックや編み物の販売、ワークショップ、似顔絵など、イベント会場での出店者を募集しています。
おうちでおいしい料理を作ったから他の人にもわけてあげたい、、そんな気軽な参加動機で結構ですので、ふるってご参加ください。
(食べ物の販売の場合はできれば国産、有機のものを使用しているのが望ましいです)
募集店舗:20店舗程度
出店料 :2000円
スペース:1×2㍍程度(応相談)

☆☆13日の準備、お手伝いスタッフ募集!!☆☆
ゆらぎフェスタ:プレイベント
「みんなでワイワイ、準備もお祭りだ!」

日時   :09年6月13日 9時半スタート
集合場所 :JR成東駅(東京駅7:55発のバス、片道1500円)
      ご参考に、千葉フラワーバスのHP


イベントに先立ち、13日はプレイベント「みんなでワイワイ、準備もお祭りだ!」と称し、会場の掃除と準備を行います。普段は使われていない工場を借りてやるため、まずは会場の掃除が必要です。また当日は、キャンドルナイトを行いますが、その会場に設置するキャンドルや竹の切り出しを手伝ってくれる方を募集してます。いっぱい動いたあとには、おいしいまかない付きです。

募集人数 :「キャンドル作り」「イベント用飾り付け」「竹切り出し」
       各チーム5人ほど
当日はまず会場の掃除し、その後、3チームに分かれて会場の飾りつけやキャンドル作り、竹の切り出しを行います。
できれば以下の持ち物を持参下さい。

☆持ち物☆☆☆☆
キャンドルチーム   →雑巾、廃油、ビン、はさみ
イベント飾り付けチーム→雑巾
竹切り出しチーム   →雑巾、軍手、ノコギリ

出店、お手伝い隊の申し込み、ご質問等はこちらまでご連絡(shuxaku@hotmail.com)ください。
[PR]
by shuxaku | 2009-06-08 12:52 | +++ Diary +++
「ゆらぎフェスタ」 6月20日は、千葉へようこそ!
昨年、12月のキャンドルイベントで、一人の青年と知り合った。
彼の名は、S君。有機農業を営む、あいよ農場の青年。

その彼から電話があったのが前回のキャンドルナイトイベント(12月23日)の
約1週間後のこと。

「もしもし」
ちょうどその時、僕は家族と温泉旅行で、豪雪地帯・秋田の山奥を歩いている時だった。

「かなりいいカリンバのアーティストさんと、使われていないカッコいい工場があるんで、そこでイベントやりませんか?」って。


もちろん、僕は言うまでもなく、ノリノリである(笑)

「ぜひぜひ、やりましょう!仲間連れて、下見に行きます」



それからだいぶ月日が経ち、今日は6月。


打合せを重ねて、ついに皆さんに告知する時がやってきました。


来る6月20日、今度は千葉でキャンドルイベントをやります。

あいよ農場と虹のたねのコラボ企画で、その名も「夏灯!ゆらぎフェスタ」


スタッフのみんなでうんうん悩んで名づけた名前、素敵でしょ?(笑)


今回は前回以上のボリュームで新しいワクワク、キラキラの場を創造したいと思います。


会場は、前回は神奈川のカフェでしたが、今回は千葉の使われなくなった工場。


かなり、勝手が違い戸惑う部分もありそうですが、準備段階から「わいわい、プレイベント」的な勢いで楽しんじゃます。

イベントは6月20日ですが、13日にも現地でスタッフがいくつかの班に分かれて準備をします。

そこで手伝って頂けるボランティアスタッフを募集していますので、
ご希望の方はぜひぜひご連絡下さい。

美味しい野菜を使った、まかない付きです(笑)

shuxaku @ gmail.com


梅雨のじめじめ初夏を、

わくわく初夏に変えちゃおう!
[PR]
by shuxaku | 2009-06-01 20:05 | +++ Diary +++