<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
朝陽を見てきた
午前2時に起きた。
さっき眠ったばかりだったから、とても眠たい。

2時半前には出発し、首都高にのって、ひらすら南へ。
行き先は、千葉南端の南房総市。

東京は、深夜だというのに、30度近い熱帯夜。
そんな暑さを振り払うかのように、風を切りながら、
ただ、ひたすら南へ向かう。

次第に緑が多くなり、それに合わせて気温も下がってくる。

4時過ぎ。
高速道路の終点で降り、窓を全開にすると、朝のさわやかな空気が
車の中に流れこんできた。

言葉にならないくらい心地よい空気だった。

朝のひやっとする空気と潮の香りが混ざった独特の匂い。
東京とは、あきらかに違う空気。

日の出前のこの時間の空気は、一日の中でも特別な時間なんだと思う。
この時間の空気は、とても神秘的だ。


東の空が白みはじめ、適当に見つけた海岸道路沿いに車を止めた。

木のトンネルをくぐり抜け、海岸に出ると、波しぶやきや、
空のグラデーションで、あたりは非日常の空間が広がっていた。

b0069430_2372326.jpg


すでにサーファーたちは海に入って、ビックウェーブを待っている。
この和田町というエリアは、大きな波がやってくるからサーファーにも人気があるところ。

日の出を待つ間、海に入って、波とたわむれることにした。
意外と水温も冷たい。
風もあるから、半そでだと寒いくらい。
東京の暑さがウソのようだ。
車で2時間ほどなのに、こんなにも違うなんて、とただ驚くばかり。

そうこうしてるうちに、赤い太陽が東から上りはじめた。
映画を見ているかのように、それに夢中だった。

自然のスクリーンに、言葉はいらない。

b0069430_2382044.jpg


毎日、太陽は昇っては沈み、そこには感動的な美しさがあるのに、東京の人間社会の仕組みの中で動いていると、地球の営みを忘れてしまいがちになる。
そういう美しい時の移ろいを楽しむ気持ちよりも、時計という人間が作った基準に合わせて行動することを求められる現代社会。

あの鳥のように、何にも縛られず、自由に羽ばたきたいという気持ちはいけないものなんだろうか。

b0069430_2391267.jpg


朝陽を眺めた後は、車に戻り、館山の防波堤に移動して、竿を出すことにした。
それから昼前まで今年初の釣り時間。

この日の収穫は、20cmほどのイワシとサバたち。
小さいメジナや毒魚アイゴは釣ってすぐにリリースした。
相方は釣り経験がほとんと初めてだと言うのに、自分より多く魚を釣っている(笑)
釣りは、秋が一番楽しめるから、大漁パーティーは夏を楽しんだ後の楽しみにしておこう。

帰宅してからは、ゴハンの仕度。
料理は手分けしてつくる。

b0069430_23105083.jpg


・ピーマンとナスの肉詰め(久しぶりの肉!笑)
・釣ってきたイワシとサバのから揚げ(シソを刻んだ柚子ポン酢で)
・ミニトマトのマリネ(マクロビ料理で習ってきたらしい)
・ナスの炒めもの(余ってたから)
・もろへいやとシラスの和え物
・ナスとズッキーニの麻婆風(前日の残り)
・玄米ごはん
・ビシソワーズ(ジャガイモのスープ)

ビシソワーズに使ったジャガイモは「きたあかり」っていう品種で、
前日、僕が千葉の自分の畑で収穫してきたもの。
うちに遊びに来た友達にもお裾分けしたが、まだまだたっくさんある。
小ぶりだけど、美味しくなっていて、とても嬉しい。


自然を感じられることが、こんなにも嬉しいなんて、
子供の頃は思いもしなかった。

夏は、子供心を思い出させてくれる魔法の季節だ。
[PR]
by shuxaku | 2009-07-24 22:43 | +++ Diary +++
スピードで生きる。
抜本的な改革が必要だ。

それも、今の自分にできる最大限の速さで。

スピード、今重要視しなければならない基準。


速さが全てではないが、速さが作りだすものもある。

メリハリをつけて、この今という瞬間から、流れを変えていこう。


より効率的に、よりコミュニケーションがとりやすく、重要な情報が可能な限り早く共有されるよう。

自分がやるっきゃない。


【今日の格言】

「今日の一は、明日の二にまさる。」   by ベンジャミン・フランクリン
[PR]
by shuxaku | 2009-07-15 22:46 | +++ Diary +++
仕事場からの眺め
江東区。
家のベランダからの風景。
桜並木と運河がそばにあって、心地よい風が通る。

b0069430_23453719.jpg


チャリンコですぐの隅田川を渡ると中央区。
満員電車に揺られることもなく、10分ちょいの移動で職場につく。

中央区。
今働いているオフィスからの風景。

b0069430_23462779.jpg

b0069430_2347341.jpg


銀座という場所ながらも、緑いっぱいで、窓の三方面ともに明るくて、風通しがいいオフィス。
眼下には公園があり、昼ともなれば、お弁当を広げるサラリーマン、OLで賑やかになる。
夕方には、公園で遊ぶ子供たちの歓声が聞こえ、時には、今どき珍しく豆腐屋のチャイム音が流れてくる。

目の前のラ・ベットラは、いつも満席ですごい。
なんでも数ヶ月先くらいまで予約がとれないらしい・・・。
お店も目の前にあって、好きなシェフなのに、一度も行っていないというこのジレンマ(笑)

b0069430_23475140.jpg


この場所に根を張って、喜ばれるような仕事を発信していきたいと思う。

今日は、築地の350周年記念事業プロジェクトのDVD製作の打ち合わせ。
築地市場で働く方々に、今度プライベートで食材仕入れに行きますと言ったら、おまけしてくれるそうで(笑)ワクワクな出会いに感謝です。


千葉も好きだけれど、今は、こんな環境で生活できることにたくさんの感謝。

自分がやるべきことをきちんとやろう。

前進、進化の道しかない。


【今日の格言】

「我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。」
byチャールズ・F・ケタリング
[PR]
by shuxaku | 2009-07-14 23:49 | +++ Diary +++
【新企画】世界の料理を学べるワークショップ
さっきまで、中国人の友達K君と久しぶりに会って、錦糸町でゴハン食べてました。

彼は、自分と同い年の30歳。今は、会社経営者として、日々忙しい生活を送る毎日。

もともとは、自分が働いている会社のアルバイトとして知り合ったのだが、ものすごく勉強熱心で、会う度に刺激を受ける。

そんな彼と新しいプロジェクトを進行させます。

その名も、世界の料理を学べるワークショップ(仮)。

第一弾は、中華料理。

まだ打ち合わせ中ですが、今のところ、『小龍包』の予定。

シェフは、現役中華料理店オーナー(中国人)です。

その後がすごいんです。

バングラディッシュ料理、ネパール料理、インド料理、ロシア料理、チベット料理、モンゴル料理、ウイグル料理、スリランカ料理。

今のところ、月1ペースですが、ここまで、決まってます(笑)
全て、現地人のシェフです。

地域は、アジアばかりですが・・・(笑)

その後は、まだつてはないけど、ベトナム、タイ、トルコ、イタリア、フランス、東ヨーロッパ、アフリカ、中南米を予定。

会場は、都内中心に、各料理レストランになります。


各国料理店の人々にとって、日本で飲食店を経営することは、かなりシビアな状況です。
けど、日本に、自分たちの国の料理を知って欲しいという熱い気持ちで、この国にやってきました。
そんな彼らを応援したいという気持ちがあります。

そして日本人は、世界的に見ても、柔軟で、何でも受け入れる柔らかい心を持った人々。

僕らは、そんな両者を結びつける橋渡しができたらと思います。
同時に料理の勉強もしたいので(笑)

第一弾は、9月からスタートします。

本場の小龍包を皮から手作りでやっていきます。

詳細は、また告知しますが、興味ある人は、ぜひぜひご連絡下さい。
各回先着15~20人程度です。
[PR]
by shuxaku | 2009-07-10 22:34 | +++ Diary +++
魅惑の楽器たち
世の中にはいろんな楽器がある。

その楽器を、一日で弾けるようになれたらと思う。

実家がピアノ教室だったから、小さい頃から音楽に囲まれた生活だったためだろうか。

ここ5年くらい、毎年毎年この楽器やりたいという楽器に出会う。

4年前は、ディジュリドゥ。

3年前は、ジャンベ。

2年前は、ハングとホーメイ。

1年前は、カリンバ。

今は、クリスタルボウル。

わりと、マイナーな楽器が多い(笑)


アウトドアで持ち運べることを考えると、カリンバが一番。

そういや、去年、式根島でカリンバで「大きなのっぽの古時計」を海辺でよく弾いてたな。
てか、それしか弾けなかった(笑)

さらに手軽さで言ったら、ホーメイは、自分自身が楽器だから、道具が必要ないんだけど、以前実家の風呂場で練習してたら、変人扱いされてしまったし、なかなか練習場所が難しい(笑)




二胡、ハング、ホーメイのコラボレーション、かっこよすぎる。




三人のハングプレイヤー。

夏の夜の海岸、焚き火の周りで楽器弾いて、踊りたい~。


今、習得したいクリスタルボウルは、8万年前のアトランティス時代にも使われていたといわれる楽器。

とあるサイト情報によると、クリスタルボウルから発せられる音(波動)は、私たちの耳で認識できる範囲をはるかに越え、建物の壁を突き抜けていき、その音は平原では、はるか 2000 キロメートルにまで達するそう。その音の波動の域は、人間が聞こえる範囲から聞こえない超音波にいたるまで達し、イルカははるか遠くにいても、この音を聞きわけ、近くまでやってくるそうです。

この音色を聞いた NASA の宇宙飛行士は、「これは宇宙空間で響き渡っている音だ」と、語ったそう。

また、リラクゼーション効果があり、過度な肉体的疲労や、過度な精神的ストレスによるものを解放するのに、大変適した道具。科学的にも、その音を聞き始めてから、わずか 30 秒で脳波がアルファ波からシーター波になることが確認されているようです。それは、アメリカ、北欧では、がんの治療に使われているほど。

精神的にものすごく苦しんでいる人、不眠で悩む人も改善されていくことが証明されているようです。

ただ、注意しないといけないのは、プレイヤーの心がそのまま超音波として音に流れるから、プレイヤーが未熟だと、気分が悪くなって逆効果にもなるそうで、本格的に勉強したいと思う今日この頃です。


[PR]
by shuxaku | 2009-07-06 23:49 | +++ Diary +++
言霊
てんつくマンのメーリングリストに大切なことが書いてあったので、

忘れないように、いつでも見返せるように、

大切な人たちに伝えたくて、ここにもメモを。


脳研究の西田文郎先生によると、

「成功はワクワクする時にしか起こらない」

そう、成功するためには、脳をワクワクさせることが大事だそう。

そのための3つのポイント、言葉、動作、表情、これを意識するだけでも、日々が変わる。

確かにそうだよな~って思う。



「無理」
「むずかしい」
「怖い」
「分からない」
「めんどくさい」
「自分のことでせいいっぱい」

この言葉は、幸せじゃない人が共通で使う言葉たち。

てんつくマンが言っている通り、確かに、この言葉を使う人たちは、どこか楽しくなさそうな人が多いと思う。
(彼によると、病んでる人は、この言葉を多用するそう)

けど、上の言葉よりも、もっと言ってはいけない言葉、

つまり、脳を痛めつける言葉があるんだって。

口癖のように、その言葉を使うことによって、脳がダメージを受け、
結果、心や体もダメージを受けるそう。

つまり、その言葉を使えば使うほど、「鬱」になってく・・・。

だから、鬱に悩む人は絶対使っちゃいけない言葉。

逆に鬱になりたければ、毎日使えば、鬱になれる、怖いことば。


その言葉とは、


「疲れた」


あまりにも、普通すぎて、「え?」となると思う。

この言葉は脳にも、体にも、心にも、大きなダメージを与えてるそうだから、

自分も気をつけたいし、周りにも伝えていきたい。

「疲れた」の代わりに、「らくしょうー」とか「へっちゃら」といえる自分でいたい。

あと言っていたのは、プラスな表情。
自信ある表情、笑顔。

嬉しい事をイメージしたり、感謝したり、夢を描いたり、目標を持ったりで脳がワクワクするし、
そうやって、自分の中に、ワクワク発信基地を作っていようと思った。



一昨日、仕事が終ってから、練馬にある古民家シェアハウスに住むAちゃんのところへ行った。
そこへ行くのは、5回目くらい。

行くたびに、愉快な人たちに出会えるところ。

その日会ったのは、滋賀大津にある「土鍋カフェ 楽ちゃん」のやっちゃん。

そこで会ったとき、この人の声知ってる、見たことある!!って思って、しばらくして思い出した。
先月、高尾山であったイベント「縄文コーリング」にいた人だった。

そのイベントへは『自然のレッスン』著の北山さんが来ると聞いて行ったのだが、
彼のトークライブの最後の質疑応答で質問してた人だった(笑)

この日も、とてもいい話が聞けて、そこにいた8人でいい空間が生まれていた。
そこで『神道と日本人』に触れていたけど、そこでも日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力、つまり言霊の話があった。

そして、僕の地元、千葉が抱える問題も出てきたりして、
一緒に千葉印旛沼地域を盛り上げよう作戦を前々から話していたAちゃんと、次にイベントやるときにも、
おもしろいことができそう。

千葉に関係なくてもOK、ワクワク大作戦の仲間、大募集中です(笑)



<参考サイト>
西田文朗先生サイト

土鍋カフェ 楽ちゃん
[PR]
by shuxaku | 2009-07-04 12:44 | +++ Diary +++