<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
モンゴル料理ワークショップありがとうございました!
本日、モンゴル料理ワークショップ完了しました!
ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

ボーズ(小龍包)、バンタン(すいとん)、じゃがいものサラダの3品、美味しく頂けましたでしょうか?

お酒を飲みながらの料理ということで、今回、モンゴルビールが売り切れてしまうという事態(笑)にまでなり、ワイワイした雰囲気で、とても楽しく過ごす事ができました。

b0069430_22502022.jpg


合間時間には、モンゴル民族衣装を着て記念写真を撮ったり、店長(サイさん)に歌を歌ってもらったり。

また、来月もイベントやりますので、ぜひぜひ、一緒に美味しいご飯を作りましょう。

b0069430_232452.jpg

[PR]
by shuxaku | 2009-10-25 23:03 | +++ Workshop +++
瀬戸内への旅〜はじまり
ちょっと前の、9月の連休のこと。

久しぶりに一人旅に出た。

行き先を決めずに、車に自転車とバックパック、調理器具をつめこんで、西へ。

うんざりするくらい長い渋滞の中で、行き先が決まった。

熊野古道をさんざん迷ったあげく、瀬戸内の島々へ行くことにした。

瀬戸内への一人旅は、10年ぶりだ。その時も、自転車を持っていったっけな。

朝8時に東京を出て、夜22時に岡山・宇津港に着いた。
その間、約2時間の休憩と30kmを超える渋滞に、3回も巻き込まれたたために、こんな時間になってしまったが、それがなければ、夕暮れ時には到着していただろう。案外近いもんだ。

車の中のBGMのジャンルも様々だった。
ロック、ハウス、レゲエ、ヒップホップ、ボサノバ、ジャズ、クラッシック、Jポップ。iPodに入ってる曲を気分によって、変えた。
渋滞中は、レッチリのカリフォルニケーションのDVDを観て、1人で気分を盛り上げた(笑)ベースのフリーはやっぱりすごい。変人だ。
大学時代に組んでいたバンドでコピーしてたこともあり、久しぶりに聞くと懐かしさがこみ上げてくる。

通過している地方のラジオも聞いた。
時折聞こえる、その地域の方言が、旅情をかき立てる。

唯一車がまばらだった、新名神高速道路の上では、バッハのプレリュードが流れていた。夕日が正面にあり、煌めきを弱くした、だいだい色の太陽に向かっていくのは、なんだか非日常な感じで、少しだけセンチメンタルな気分になってくる。
たぶん、旅してるからだろう。
2度と出会うことのない、美しい風景を見て、切なくなるのはいつものことだ。


東京から岡山までの間で、休憩は2回しかしなかった。1回目が、給油もかねて、静岡・浜名湖SA、2回目は、兵庫・龍野西SA。1人旅なので、それぞれの場所で1時間ほど、ゆっくり休んだ。

東京から岡山まで、車で2600円。
時間はかかったけど、この金額は素敵。


深夜の宇津港は街灯で光るオレンジ色の港だった。
四国や瀬戸内の島々にわたるフェリーがここから出ている。

長時間の運転でなまった身体を動かして仕方なかった。
さっそく自転車を引っ張りだし、付近をサイクリングすることにした。

防波堤では、たくさんの人が釣りをしていた。
海上にはたくさんの赤い電気ウキが浮かび、沈む瞬間を今か今かと待ち構える人々たち。自分も、釣り道具を持って来たらよかったなって、一瞬思った。
けど、今回はとどまらない旅の予定だから、持ってくる必要もないじゃん、とも思った。

翌日の目的地は、かねてより行きたいと思っていた「直島」。
アートで有名な島だ。

ちょっとバックパッカー的な感じの島ではないだろうが、せっかくだから行ってみることにした。

翌朝のフェリーを待ちながら、この日は、車の中で寝た。
[PR]
by shuxaku | 2009-10-15 08:24 | +++ Travel +++
第二回『世界の料理を楽しむ』ワークショップ (モンゴル)
先月の中華料理に引き続き、今月も料理ワークショップ開催します。

今回は、モンゴル料理。

モンゴル料理を教えてもらえる機会は、そうないと思います。
この機会にぜひ、モンゴル人シェフによるモンゴル料理を学んじゃいましょう!!

モンゴル。
夏は酷暑で、冬は極寒。それに加え、乾燥地帯という厳しい気象条件の中で育まれた料理の種類は、お隣の中国に比べると、うーんと少ないのが現状です。
しかも、日本人にとっては、クセのある味が多いのもあり、今回はレストランで打ち合わせをしながら、どのようなメニューにしようか、結構悩みました。

悩んで悩んで、たくさんの味見をして(笑)、決まったワークショップメニューはこちら。

●レシピ
・蒙古バンタン(モンゴル風すいとん)
・蒙古ボーズ(モンゴル風小龍包)
・モンゴル風じゃがいもサラダ

モンゴル料理ということで羊肉を使いますが、ご自宅で作る場合は、豚肉など他の肉でも作れるので、応用もきくと思います。
※羊肉が苦手な方は、やめておいた方がいいかと思われます。

また、こちらでしか、味わえないお酒もあります。

・モンゴルビール
・クムイス(ミルク酒) *ヨーグルトの酸味がお酒に
・オリジナル馬乳酒「草原の夜」 *個人的に一番のおすすめ(アルコール度数16%)

今回はワークショップ中に、ご自由にアルコールを飲んで頂いてもOKです。
(※会費とは別費用です)

b0069430_13542.jpg


■イベント概要
日時:2009年10月25日(日) 13:00-16:00
OPEN:12:30  START13:00
料金:2,800円
定員:25名
会場:モンゴル居酒屋 青空(都営新宿線/京王新線 幡ヶ谷駅徒歩2分)
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2−7−9 2F  (地図)

お問合せ・予約:090-7625-7599 / oryzias_life@docomo.ne.jp  ※予約制
企画:Oryzias*workshop


----------------------------------------------------------------------
このワークショップは、今後も、『世界の料理を楽しむ』をテーマに、各国、各地域の料理ワークショップを企画して行きます。今のところ、予定では中国、チベット、モンゴル、ウイグル、ネパール、インド、バングラディッシュといろいろな料理ワークショップを定期的にやる予定です。会場となるレストランも、旅のように移動していきます。皆で料理の腕を研いて、まわりがハッピーになる料理を楽しめたらいいなと思います♪ 
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by shuxaku | 2009-10-15 00:17 | +++ Workshop +++