<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
光の中へ  ありがとう、バイバイ。
大切な友人の一人が他界した。

あまりにも突然すぎる、彼の死。

信じられないし、信じたくもなかった。


悲報を聞いたのは、少し前の日曜日にネパール料理のワークショップをやっている最中だった。

わけがわからなかった。


その日のつい1週間前、高知で友人の結婚式で会った時は、普通そうに見えたから。

けど、普通そうに見せていただけなのかもしれない。

今となってはわからない。


ワークショップを終えて、家に帰宅してから、大学時代の友人からたくさん電話が来て、情報が錯綜していた。



大学時代、仲良かった男7人で、国コミ7人衆なる名前で、いろいろなところに遊びにいったり、イベントをやったりした。

もう、この7人が集うことは、2度とない。

残された僕らにできることは、彼の分まで、一生懸命に生きていくしかない。


彼は死んだ。

けど、僕の中でのそれは、彼は自分とひとつになったんだと思っている。

だから、共に生きているという言葉を使いたい。



彼が亡くなって1週間後、東京にいるメンバーで集まった。

彼と馬鹿飲みをした思い出の場所、代官山の西郷山公園で。

夕陽を眺めながら、いろいろ語った。


たくさん笑ったし、西の空もかすんで仕方なかった。

最後、皆で手をつなぎながら、すっかり沈んだ夕陽に向かって、バカヤロー、ありがとう、と叫んでその場所を後にした。





この前、夢に出てきた彼は、黄色いシャツを着ていた。

そういえば、学生の頃、彼が黄色いジャケットを着て、学校に来た時は、笑ったな。

あの頃が懐かしい。

けど、もう戻ることもない。


ありがとう。
[PR]
by shuxaku | 2009-12-08 08:05 | +++ Diary +++